新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
集中型の電源や製油所だとリスクが高い。米国は寒波のみならず台風の被害も多い国でインフラの老朽化も部分的に進んでいる。よってカリフォルニアの様にルーフトップソーラーに対する補助*などで部分的であっても電源の分散化を図ることでリスク分散になり、また環境対策にもなります。

* カリフォルニア・ソーラー・イニシアチブ(CSI)と呼ばれる太陽光発電補助金プログラム
米国では先週末から北極由来の強い寒気がカナダから南下し、いわゆる中西部から、南部のテキサスに至るまで、雪が降るような強い寒気に覆われました。テキサスの緯度は、およそ九州南部に相当しますから、ここで-20℃近い気温になったということがどれほどのことか、お分かりいただけるかと思います。日本の場合にも強い寒気がやってくることはあるのですが、大陸との間に日本海を挟んでいるため、雪は降るものの極端な低温とはならないのが特徴です。北海道の札幌でさえ、100年以上の観測の歴史でも-30℃以下を観測したことはありません(内陸の旭川には-41.0℃の記録があります)。今回はロッキー山脈の東側を、冷たい空気がするすると南下して、ついにメキシコ湾とぶつかるような形となり、暖かい空気が持ち上げられて雲が発生して広い範囲に雪が降ったような形になりました。
今回の寒気はあと数日で抜けていく見込みで、2月の後半には中西部で低気圧が発達してテキサスは逆にプラスの20℃近くまで気温が上昇する場所も出てきそうです。寒さは一時的とみられます。
寒波の原因は、年初に発生した成層圏突然昇温という現象によります。これにより対流圏の北極周辺にある冷たい空気を持った渦が崩れ、北極から低緯度の地方に寒気が流れ出しやすくなったことによります。厄介な現象と思われるかもしれませんが、これが成層圏の空気を適度に混合させ、オゾンホールの発生を防いでくれている側面もあります(南極はその周りがぐるっと海に囲まれており、突然昇温も起こりにくいことからオゾンホールがより大きくなっています)。エルニーニョやラニーニャに対する単純な応答ではないので、そのあたりをご理解いただければと思います。
テキサスで-17℃というのはさすがに想像を絶するな…。送電線に火花が走り、停電するのも無理はない。現在、アメリカでは新規感染者数が減っているが、寒くてステイホームしているからだろうか(そんなことはない)。
テキサス在住です。

地域によっては停電が4日目に入っているところもあり、厳しい状況が続いています。気温はマイナス20℃近くまで下がり、外は雪と氷の世界。

これほど停電が広がっているのは風力発電のせいだとか、パイプラインのせいだとか、ひいては民主党のせいだなんて、どこかに責任を押し付けようとする声が色々と聞かれますが、何よりも大きな問題はこのような寒波に対する準備ができていなかったということに尽きるような気がします。

テキサスでは例年、雪が降ることすら珍しく、寒さが厳しい時でも1年に1回か2回道路が凍るくらい。明日は凍るらしい、という予報だけで学校が休校になるほど、寒波に対応できないんです。

今週は15−20cmほど雪が積もりましたが、これは数十年に一回あるかないかのこと。その度に「きちんと準備を!」という議論が出るものの、対応が進まないままになってしまうことがほとんどのようです。

もちろん発電所や送電網だけでなく、普通の住宅や建物もこうした気候に合わせて作られていません。今回は特に厳しい被害が出ているので、今度こそ対応が進めばと思いますが、どうなるでしょうか?

ちなみに、停電や水道管の破裂などに見舞われる中でも、珍しい雪をめいっぱい楽しもうとしている人が多いのも事実です。近所のちょっとした丘にはソリ滑りに来る人が大勢。

ただ、テキサスで本物のソリを持っている人はほとんどおらず、みんな浮き輪やビニールプール、ゴミ袋やゴミ箱の蓋などを使って楽しんでいます。ちなみに我が家のご近所さんの話によると、一番よく滑るのはプラスチック製の洗濯カゴだそうです(笑)
昨日は2時間以上雪かきしてましたよ 今日は意外に筋肉痛ないのですが、明日かもですねぇ、トシナノデ
電力不足がアメリカの一部地域でも。エネルギー産業の混乱に伴う電力・ガス不足から各種産業にも影響は広がっているようです
日系の自動車企業を打撃を受けているようです。
停電と水不足。

GMなどは、収益率の高いSUVなどの製造は続けるとのこと。