新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モデルナ社のワクチンは、現在日本では承認されておらず、報道は米国の話題です。「米国での生産スケジュールが遅れ、それに伴い1回目の供給は遅れているが間もなく出荷し、2回目・3回目は逆に予定を前倒しする」との現在の見込みに関する件です。

当ワクチンは、日本では、武田薬品工業が臨床試験を担当し、当ワクチンの承認を目指すとの報道がありました(2020年10月29日付)。当時の報道では、「2021年前半より5,000万回の接種分を輸入し、日本において供給する予定」とのことですが、現状では、2021年前半に供給が実現することは現実的に不可能と思われます。

武田薬品工業のプレスリリースでは、「2021年1月21日に、国内での臨床第1/2相試験(臨床初期~中期試験、成人被験者200例を対象)に、安全性および免疫原性を評価するプラセボ対照試験を開始、最初の被験者に治験薬の投与が行われました」とあります。「免疫原性」のテストということで、臨床的な有効性の代わりに「中和抗体活性」で評価するという試験デザインと思われます。おそらく、この臨床試験の成績をもって、臨床第3相(後期試験)を外国のデータと「ブリッジング」して、有効性、安全性を検討することになるのだと思います。

今後に期待されます。
そんななか日本は厚労省がタラタラしまくりで承認が5月中旬って… 本当に意味不明すぎ…


モデルナは16日、2回目の米国向けコロナワクチン1億回分の供給について、これまでの計画を1カ月繰り上げ、5月末までに実現すると発表した。
米国はワクチン接種がスピードアップしている印象ですが、供給側もそれに合わせた対応が必要ですね。案外、秋前には行き渡るのではないでしょうか。
代わりに再生医療で対応することも。
幹細胞を培養して点滴するやり方が認可されてますね。
ワクチンは夏頃からあまり始めるな。