新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人生何があるかわかりません。
私は高校3年の時に父親が蒸発。家を売り払って大学進学の道もありましたが、母親や小学生の弟にこれ以上の環境の変化て追い打ちをかけてはよくないと就職する道を選択。
チャンスにも恵まれ、高卒&中途にも関わらずソニーに入社。父親蒸発で卑屈になる私にかけられたソニーの面接官の言葉が忘れられません。「父親のことは関係ない。君に能力があるかを私達は見ている」と。外交官の夢を少しでも叶えようと海外で仕事することを目指して、自身のロードマップを描いて仕事。そして50近くで海外赴任。
周りの優秀な方々には及ばなかったが、夢見たグローバルな環境での仕事。
どんな環境になろうとも、夢や希望を失わず、あきらめず挑戦し続ければ、必ず叶う。
あなたの家族を思う気持ちはすばらしい。でも自分の夢も実現してほしい。
いやいやいや、と思うのは僕だけ?大学行かず働かないと、とかならまだしも、大学には行けてるんですよね。なんか、責任転嫁というか、被害者意識が倒錯している気がします。。
もちろん大変でしょうが、本来大学は実家の家計から切り離して、自分の責任と意識で決め、自分でお金を出すものじゃないんだろうか。。。そのための制度もたくさんあるわけですし。
と、親の金で大学に行った僕が言うことではないですが。
一教育者として、余命乏しい老人に阿るあまり、このような若者の教育機会と夢を犠牲にする政治や意見には断固反対します。
日本の人口は年々低下していっているのと、先進国において単純に人口が減るとGDPは低下していきます。自ずから子供達や次の世代の為、未来への為に投資しないといけないと個人的には強く思います。教育が平等に行き届かない、行き届いていないという事実もこれからの課題ですし、DXの本質が教育にフル活用出来ないでしょうか。先週長男と昨年の3/16からの日本のCOVID-19の感染者数を折れ線グラフでみていましたが、傾向は明らかで下がり始めてもゼロには1日もなっていません。一部の産業や業界においては事業のポートフォリオを見直すか個人がアップデートして副業という特権を駆使して生活することも個人的にはありなのかなと思います。いろいろ、やってみるしかないのかなと思います。大学に行きたい方、でもいけない方へgaccoとかUdemyなどのオンライン学習を無償で提供出来たり、大学の垣根を越えて教育を提供出来ないでしょうか。