新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2月14日(日曜日)厚生労働省の新規医薬品「(商品名)コミナティ筋注」の承認が得られ、17日から接種が開始されるとの報道です。これまでの報道と比べて、新たな日程の変更はありません。2月17日から接種されるのは、医療従事者約1万人~2万人に対する最優先接種で、臨床試験並みのフォローがされます。欧米の臨床試験成績と日本での成績をつなぐ「ブリッジング」試験は、わずか160名のボランティアで実施されているため、実質的には、最優先接種の方からの成績の分析が重要になります。

ここまでするのは、このワクチンに限って「特別に危険だから」というわけではなく、医薬品の認可基準として国際的に妥当だと理解されている手順に従って「あたりまえ」のことだからです。新医薬品のフォローアップは(規定により)市販後も長期に続きます。

今回の最優先接種は、おそらく国の指定のもと、新型コロナの防疫に関わった厚生労働省が直接関与できている医療機関を中心に実施されるものとみられ、不安点は少ないと思われます。まず、大きな混乱はないでしょう。

今後の計画には高い不確実性が残ります。第二次優先接種者(医療従事者など370万人)、第三次優先接種者(高齢者など3600万人)に拡大される計画が報道されています(ただし、時期の明言は避けられています)。

早期の実施のためには、(1)日本向けワクチンの計画通りの入手(輸入) (2)日本のアストラゼネカ社ワクチンの75%を占める「日本製造」の進捗 (3)接種を担当する「医師・看護師」の確保のそれぞれに「問題が生じない」ことが前提になりますので、今後も気を抜けない場面が続くことが想定されます。
開始は、可能かもしれない。ただ、昨年末から接種を開始した欧州諸国では、ワクチンの入荷量が予定を大幅に下回っており、なかなか進まない状況だ。
減ってきてる?タイミングだと間に合ったと感じるには難しい🤔
最近はあまりメディアにも取り上げられてる印象がないので、飽きてきてるのか。。

業績