新着Pick
1013Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クラブハウスに次いで、また招待制の面白い米国発アプリが出てきましたね…!「インスタの写ルンです版」と言えば良いのでしょうか。翌朝9時にならないと撮った写真が見れないという📷

便利/デジタル全盛のコロナ禍において、あえて、不便/アナログに振り切ったサービス…面白い…けど絶対こっち(アナログ)に行くの分かるから悔しい。

■スナチャ→割とすぐ消える
■ストーリーズ→24時間で消える
■Dispo→明日9時に見れる
という事で、逆転の発想が面白過ぎる。まず使ってみます。

ソーシャルはどう設計されてるんだろう。家族とかclosedリアルグラフのクラウドカメラロール作る→ そこに明日9時に「現像」されるよ!みたいな古き良き「現像してきた写真を家族で一斉に見る」追憶を呼び起こすような世界観だとワクワクするなぁ…🎞

インスタを置き換えるのかなぁ、あるいは綺麗に棲み分かれて併存するのだろうか。C向けのサービスで色々と地殻変動起きそうで楽しいし、ワクワクして居てもたってもいられない人は多いのではないでしょうか!

しかし…!足し算より、「引き算」の時代なんですね。機能が増えればいいものでもない。「便利を極める時代」から、「不便を愉しむ時代」に。「持つ時代」から、「持たない時代」に。考えさせられます。
あ、これが件の、「風の時代」というやつなのかな…笑
Dispoについての詳しい解説!
最近新しいSNSが出て、拡散されてますね。

SNSが流行っているからこそ、他のSNSの浸透のスピードが早くなってます…!

次の日にならないと写真が見れないというおもしろさをもったDispo。
明日までのわくわくで毎日見るプラットフォームになるのかも。
「チェキがオンライン化したー!」と楽しみながら使っています。SNSが緩やかにクローズドになってきているのを感じます。オープンでフォロワー数を追うSNSの形から、信頼できリアルな友人関係をオンライン化したようなSNSにシフトしてきていますね。
clubhouseにしてもこれにしても、なんでみんなインフルエンサーに群がるんだろ。誰が何を言おうが、どうでもいいよ。自分は自分の価値観で生きるわけだし…といいきれるほど、価値観が確立してない人が多いのだろうか。自分が好きなものを見つけて、それを他人に何を言われようが全力で愛するだけのことなんだけど。
これはおもしろい。すでに資金調達も。
撮影してから、すぐにその写真を見られないところにワクワクがある。楽しむ間があることが良い。
そして、招待制。ぐっと掴まれます。"簡単さ"ではなく、今は少し"難しさ"のスパイスが欲しい。

私もInstagramはgoogle 化しており、なんでだろうと考えるとやはり"ワクワク"がないからなのではないかと思っています。
これからUXにおいては特に、どうやったら人にワクワクを持ってもらうか?に重きを置いて企業はプロダクトを作らなくてはいけないんだろうな。自分たちの視点だけでは、共感を得られない。
"設計"か全てかなぁと。
新しい繋がりを考える上で、社会性のメカニズムを頭に入れておくことは大切かもしれない。
実に面白い!
こう言う専門特化したSNSが生まれるのは
とてもワクワクしますね!
新しいイノベーションが起きますように!
楽しみが先にある設計というのもいいですね。

それにしても人は不便が好きというか、豊かになった証拠ですね。
自由があるから不自由が楽しめる。
私は飛行機で過ごす不自由な時間(限られたスペースで、限られたネット環境で…)が好きですが、それは着いてからの自由あってこそですからね。
リアルタイムだから強みを発揮するClubhouseに対し、あえて1日待つというDispo。

SNSは多様化していますが、様々なサービスが共存するようになってきました。これは「SNSでどう遊ぶか」という領域に入ってきたことを意味します。

どれか一つが勝ち残るのではなく、使い分けるようになっていく。よりエッジの利いたサービスの方が話題になりやすく、SNSエコシステムの中で存在感を発揮していきそうです。
逆転の発想、凄いですね。

SNSって写真を撮って投稿すればすぐにアップされますが、Dispoでは撮った写真を投稿後、翌日の9時にならないと公開されない仕組みです。

普通のSNS → 投稿後、すぐに見れる
ストーリーズ → 投稿後、24時間見れる
Dispo → 投稿後、翌日の9時に見れる

▼まとめ
・招待制のアプリ
・人気シューチューバ―デイヴィッド・ドブリックさんのInstagramからはじまった
・写真を撮った後にすぐに中身を見ることができない
・翌朝の9時になったら写真が出来上がって見れるようになるエモい仕様
・写ルンですのデジタル版

都度思いますが、米国ってクリエイティブですね。
David Dobrikはいまやインスタグラムマーケティングを語る上で欠かせない固有名詞ですね。David's Disposableが省略されてDispo。インスタの再発明という記事中の評価が考えさせられる。使ってみたい!