[12日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサキ報道官は12日の定例会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗氏会長の辞任、および辞任につながった女性蔑視発言について聞かれ「そのような発言はまったく容認できないものだった」と述べた。

森氏は「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などの発言で国内外から批判を浴び、12日に辞任を表明した。