新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「欧州車顔負けの上質な乗り心地も完成され尽くされており、ドライバーには極上のドライビングエクスペリエンスを提供。
実際に同乗した感想としては、車内も広々としており、長時間での高速巡航も疲れ知らずで、高級車ならではの上質なドア開閉音も完璧でした…」

クルマの場合は一定期間経過した後の品質も重要ですが、少なくとも初期品質においては中国車の著しい進化を認めるべきでしょう。
「日本製品の品質が特別」と過信していると大変なことになります。
未だに中国と中国製品について偏見をもつ方々は、実際に最新の中国のクルマに乗ってみるとわかります。

この「紅旗」だけでなく、BYDのEV「唐」なども、質感も日本車の中級セダン以上です。

かつて、日本車が、その性能と品質で世界に認められたように、中国も今、その道を歩んでいるのです。

中国で自動車の設計、製造が始まってからの年数を考えれば、すごい速度での進化です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
中国外交官ナンバー専用車

〈追記〉
元々紅旗はトヨタのマジェスタやアウディベース(と言うかほぼまんま)のクルマを出していたが、今回はオリジナルのを出したんですよね。

ロールスのデザイナー引っこ抜いて。

ただそれだけの事。

いくらで販売するのか知りませんが、日本で高級車というジャンルを購入する層はブランドが第一ですから、一般人に売れる要素は皆無でしょう。

アウディなど欧州メーカーのデザイナー引っこ抜いて高級車を作ってる(意外とカッコいいが)韓国でもこのクルマを販売する模様なのがなかなか趣き深い。

その程度の認識です。

あと、中国で売れてるのは、こんな立派な体躯なのに価格はEセグメント(ベンツE、BMW5、アウディA6)級だからでしょう。
高級な車で競う最終ステージ。次のステージを作らねば。
これはぜひ日本のモータージャーナリストの方に試乗レビューをしていただきたい案件。このクラスの車はショーファーとして後部座席の乗り心地が求められる。ロールスロイスのゴーストになると、ドライバーズカーとしても評価が高いので、どの目線でクルマづくりがされているものなのかも知りたいところです。
紅旗こんな最先端な車に、なってたんですね。
それでも、ボディとルーフラインは何か無理矢理
つけた様で、違和感を個人的には感じます。
第一汽車は毛沢東が設立した中国最初の国産自動車メーカーなのね。ロールスロイスっぽくてカッコいい!後ろのエンブレムが漢字なのが気になるけど、レクサス並みのクオリティなら普通に売れそうな気がする。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
6.36 兆円

業績