新着Pick
470Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この「ワクチンパスポート」または「抗体パスポート」の考え方は、まだワクチンができる前からすでに議論されてきたトピックでした。

「陰性証明書」が当たり前のように普及しつつある現在ですが、感染流行が進めば進むほど必要とされる一方、「陰性証明」の的中率がますます低下するという矛盾を抱えた「証明書」となっています。

このような現状の課題とともに、ワクチンの有効性や安全性が確立されてきた今、将来的に「ワクチンパスポート」が陰性証明書の立ち位置にとって代わる可能性があると考えられます。

しかし同時に、記事でも紹介される通り、一般の接種が世界的に広がるまでにはまだかなりの時間を要します。現状でこのような考え方が広がってしまうと、世界的な不平等、不均衡を招き、ワクチン普及を誤った方向へ誘導してしまう恐れもあります。

実際にWHOもワクチンパスポートの概念を現時点で導入しないよう勧告を出しています。

ただ、企業単位のサービスレベルでは、早急にこのような考え方が広がることも可能性として考えられ、その背景を理解しておくことは大切であると思います。

引用記事:https://www.euronews.com/2021/01/15/coronavirus-who-against-vaccine-passports-as-a-condition-for-travel-for-the-time-being
記事の中で紹介されている「イエローカード(ワクチン接種記録)」は私も持っていたことがある。ワクチンパスポートは新しい考え方ではないし、おそらくパンデミック対応として標準化されていくのだろう。そのためのDX化を進めることが重要。
現在行なっている体温検査は、ある意味「気休め」程度でしかなく、検査で陰性だったことの証明によって「検査時点まではシロ」である事が検査上は言える。
ここでは検査タイミングの話と、検査精度の話が課題。

さらに、ワクチンの接種証明により該当種のウイルスに対する「ある程度の」効能が期待される。こちらはワクチンそのものの効果効能と、変異種などウイルスの多様化が課題。

よって、現在検討されているデジタルパスポートが、完全に安全であることを証明するものではないものの、少なくとも現在よりは「ザルの目」が細かくなった選定が出来るはず。

検討の課題は多いと思うけど、できないことを列挙して「やらない」のではなく、不完全なことは承知の上で、出来ることに目を向けて「やってみる」ことに期待したい。
ワクチンを受けたことをデジタルで記録するという取り組みについて、記事本文内でリナックスファウンデーションのプログラムディレクターの方が「アプリの技術構築がオープンで行われ、1つの政府や企業が支配しないようにすることが重要--(中略)---その技術はオープンソースであるべきで、あらゆる国の技術者にアクセス可能でなければならない」というコメントをしていて、大変興味深かったです。

パスポートという、国境を超えたグローバルな動きを目的とした存在において、一つの国だけがそのシステム構築を独占し閉鎖的な形にした途端、グローバルの力関係が規定されてしまい不平等なのかと。
オープンソースの持つ可能性とグローバル化が相性がいいということを実感しました。
国民の7割がワクチン接種したイスラエルではデータをメーカー側に全面的に開示することもワクチン早期確保の交渉条件としていて、分析が進んでいるけど重症リスクが高い高齢者でも有効率90%以上という推定が出てきているからワクチンパスポートの議論は当然だろう
まあ放射脳向けの安心ツールですな
安全を担保する良い取組みだと思うが、この目的だけのパスポートを追加発行するのは、デジタル化が加速している時代において、疑問が残る…。デジタルの本質は、"繋ぐこと"。眼前の問題対処に近視眼的に取り組むのではなく、少し先の未来を考えた上で、どのような選択肢があるのかを考えたいですね。
よい記事です。特に、最後の部分が、最も大事なメッセージですね。

(以下、記事中から引用)
「(ワクチンパスポートが)正しく導入されるか、ひどく間違った形で導入されるか、どちらの可能性もあります」とワンガーは言う。「後者の場合は、テクノディストピアの引き金にもなり得るでしょう」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません