新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
常にプラットフォームは俗世的な欲にまみれていくものです。そのための運営の努力と工夫が必要なものです。

「色々な募集を簡単に出せるサービスを始めたら、出会い系に使われて嫌だったから、採用だけできるようにした」というのがウォンテッドリーだったりします。

CtoCサービスは、それを何に使ってほしいのか、どうコミュニティを育てたいのかを、運営会社が決めなくちゃいけない時が来るものなのでしょう。
当時mixiなどでもこういう問題はあったかと思います。
運営側は高校生や中学生、などのキーワードを狙ってAIでアカウントをバンしたりモグラ叩きになるのでしょうね。
逆にここを狙ってサービス拡大していくものもありそう。yayとかは学生を中心としたユーザー層でもあるので。
音声サービスが加熱したからこそのトラブルですが、市場を大きくしていくには避けられないことなので色々と乗り越えて健全なマーケットに育ててもらいたいです
18歳以下の対策は
サービス全体で一丸として取り組まないと
後で痛いしっぺ返しを喰らいます。。。

起きる前の対策が大事です。
何か起きてからの対応は対処療法になってしまいます。

でも、一気に対応すると陳腐化するんですよね。。
難しい。。
例えば以下のサイトに利用規約がまとめられていますが、この記事にあるような18歳以上という制限の他にも、現状、日本語のルームでは放置状態の「相互フォロー部屋」も禁止事項になっています。

Clubhouse(クラブハウス)の禁止事項は?公式利用規約をもとにわかりやすく解説
https://noripon.blog/2021/02/03/prohibitions-of-clubhouse/

英語で「相互フォロー部屋」がないのは、作ったり、参加したりしたら、アカウント停止になるからでしょうね。

そういった意味では、今後、日本語の部屋に関しても、規約どおりに使われていない場合には、対応が進み、英語の部屋なみに、規約違反がなくなることを期待しています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
クラブハウスは一気に拡大しましたので、初期(とは言ってもホンの3週間前)とは異なるユーザーが利用するようになりましたね。
プラットフォームとして、安心して利用できる状況を整えていかないと大きな問題が発生して、一気にユーザーが離れるリスクもあります。
普通に「高校生集まれ!」みたいな部屋があったような、、、怖

ちゃんとオープンな場であればキャリア教育などの観点からも非常に学びになる部分はあると思いますし、ティーンの爆発力は今後商業的にもニーズがある分野ではありますが、ある程度の線引きは必要ですね。