新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
多くの日本企業はジェンダーギャップを埋めようと努力していると思う。しかし、足元では将来の幹部候補である、部課長クラスの女性比率がそもそも低い。企業の組織内にいる上司や幹部、HR、そして組織外では顧客を含むステークホルダー(担当は男性にしてくれ)などなどは、大分公正な評価ができているのではないだろうか。母集団は徐々に増えつつあるものの、同時に相変わらず多くの将来有望な女性社員がリタイアしていく。

重要なポイントが夫の存在だと思う。夫は企業内においてはジェンダーギャップを埋める価値観を発揮しているとしても、家庭において妻に対しては昭和の価値観で接している人も多いのではないだろうか。妻の働く欲求を削ぐコミュニケーションは、妻の心を傷つけ、多くの諦めを生み出し、あるいはいさかいを生じさせているのではないだろうか。

是非、夫は妻の応援団、理解者、あるいはメンターになるくらいの姿勢を示してほしいものです。