新着Pick
1424Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
選挙戦中に「スリーピー・ジョー」(寝ぼけたジョー)と揶揄されたバイデン大統領ですが、政権の滑り出しはそのイメージと正反対でした。
ここまで約3週間ですが、序盤から大統領令が連発され、既にイスラム諸国からの入国制限やパリ協定脱退といった「トランプカラー」は政界から一掃されつつあります。

そんな、歴史上まれに見るスタートダッシュを支えているのはどんな人物たちなのか。バイデンが大いに信頼する11人の「参謀」たちをオール図解でアップデートします。今後のニュースを読む上でも役に立つ資料を意識して作りましたので、ぜひご一読ください。
この記事読めば、素晴らしいチームのようだが、実情はそんな甘いものではない。
どうも米国のリベラルのメディアの影響を受けた評価のようだ。

チーム・バイデンといっても内実は党内左派が主導する気候変動チームと中道が主導する外交・安保チームの綱引きが激しくて、バラバラ。

対中政策の危うさも、ワシントンでは安保専門家の間では広まっている。議会公聴会での証言や外交演説などの「言葉」だけを表面的に追っているだけの日本の報道ではわからない。「行動」が伴わない危うさはオバマ政権後半での体質を引きづっている。

ここで一人一人の懸念点を指摘しませんが、
詳しくは日経ビジネス電子版でインタビュー記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00133/00049/?n_cid=nbpnb_mled_enew
米国には閣僚ポストは15ある。こうしたポストの人選について、バイデン大統領は昨年の11月から12月に決めた。重要なポイントは、この段階では議会が「ねじれ議会」になりそうだったことだ。上院で共和党の承認を必要とする可能性が高く、閣僚の人選は左寄りの議員は避けられ、中道派が選ばれた。この人事に民主党左派もある程度やむを得ないと考えていただろう。
しかし、年初のジョージア州決選投票で民主党は勝利してしまい、念願のトリプル・ブルーを達成した。こうなると、共和党の承認は不要になるわけで、民主党の左派勢力も黙っていない。その結果、閣僚ポストの一つ下の、委員会の委員長や長官クラスには、最近は次々に民主党左派が選ばれている。どちらかというと、そうした長官や委員長の顔ぶれのほうが、注目すべきかもしれない。
めちゃめちゃ面白い。アメリカの人材の厚さ、明確な意図をもった起用などを感じられる。マイノリティ含め、実力者揃い。こういった政治家が育つ素地がある社会がはっきりいって羨ましい。
ビジュアルにポイントまとめた記事。ピックして残す。
新政権発足からパワフルなメッセージが次々に発せられています。チームバイデンは多彩でありながらベクトルは同じ。独裁的な前政権のゴタゴタとは随分違います。
大物、マイノリティ、実務家。政権交代ですぐに実績と能力と特徴を持つ幹部を集められるのはすごい。日本の閣僚もこんなプロフィールを記事にしたものを読んでみたい。ちょっと心配だけど…
調整官が新設されてのか。主要ポストやチーム構成もビジュアルがわかりやすくて、すっと入ってくるのが良い。
個人的には、やっぱりイエレンさんに注目してます。
分かりやすいまとめ。私も簡単にコメントをさせていただいています。
少なくとも経済政策を見通す上では、左派の影響力をどう読むかが重要となりそうです。
この連載について
2021年1月20日、バイデン新政権が始動した。序盤から過去4年間の政策見直しを急ピッチで進める新しいアメリカは、どこへ向かうのか。出揃った参謀たちの顔触れなどから展望する。