新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本では一般ユーザーのシェアは少ないですが、海外だと人気です。
まだまだこれから伸ばしてくるかもしれません。
コマースとつなげるというニュースも常に上がっています。
人気 Picker
これからの消費者にとってベストなwebroomingサイトはどこかを考えると、欧米ではPinterestの名が浮かびます。ただ、日本においてはなかなか浸透しないサービス。オプトの伴さんは、「日本人の自身の審美眼に対する自信のなさが、口コミ等を求めることで、このようなサイトでのコンバージョンにつながらないのではないか」とおっしゃってました。たしかに一見受動的なサイトですが、能動的なwebrooming行動ができないと使いこなせないのがPinterest。しかしこの機能を日本ではInstagramがカバーしているように思います。

Microsoftは基本B to Bが得意ですが、to Cのタッチポイントをしっかりと自社内に持つことはすごくうまいと思います。

欧米におけるwebrooming platformが今後MSと共にどのように進化、変化するのか?
毎年NRFでPinterestのセッションを見ていると、確実に機能、UI, UX進化してますので
引き続き注目していきたいSNSですね。
マイクロソフトは、ビジネスユーザーには強いけど、マーケットを広げようと思ったら、おしゃれなブランドイメージ、若者、女性を囲い込む必要あり。

で、TikTok買収しようと乗り出したものに失敗に終わったので、ピンタレストに白羽の矢を向けたということでしょうか。

https://www.omnicoreagency.com/pinterest-statistics/
によると、
女性ユーザーが71%
7割が大卒
18〜29歳:34%、35〜49歳:35%、中央値は40歳だが、大半は40歳未満


既にB to Cのeコマースと親和性がよくて儲けが出てるのは株価の伸び、決算を見てもわかりますが、上にあげた統計にもあるように、9割のユーザーが、ピンタレストにはポジティブさが溢れているとこたえているし、他のSNSのような炎上問題が起きにくいのが、広告を出したり、ビジネスのプロモーションとして使う企業にとって非常に魅力があるプラットフォームです。

まだまだ日本では、特に男性には馴染みがないような印象ですが、私はまだまだ成長していく、さまざまな可能性を感じます。

ユーザーも国際的に増えていっているし、これはマイクロソフトにとっては、いいお買い物なのではないでしょうか。
メガテックのビッグ5の中でも最も独禁法適応リスクが低いマイクロソフトならではの選択肢。クラウドのAzureは破竹の勢いだし、なんやかんやリンクドインもきちんと伸ばしてきているし、消費者データを大量に取得できるM&Aを色々と検討しているのだろう #米株
マイクロソフトはtoCが弱いと思うのでピンタレストのようなプラットフォームの買収はアリですよね。あとは彼らの全社戦略上どう位置づけがあるのか興味深いところです。
ピンタレスト好決算を受けて、株価は急進。ここ一年で5倍近くへ。時価総額5.6兆円。Microsoftが買収について打診との話も
日本では知名度はやや低いですが、主要SNSのトップ10に入っているPinterest、業績も好調で過去6ヶ月で株価は2倍に値上り。マイクロソフトが買収交渉に動いているとのこと。
慣れるまでに少し時間がかかりましたし、なんでGoogleの画像検索じゃいけないの!と最初思っていましたが
慣れると圧倒的な素材の量と関連画像の適正と
チームでイメージを共有するのに重宝してます。
ニュースで投資するとニュースで損をする。

ピンタレストはずいぶん以前に勧められた(ユーザーとして)があるが結局使わず。よって同社の詳細は分からないが、一つ言えるのは、ニュースで投資してもニュースで損をするということ。

MSが買収に関心とあるが、先回りして儲けようとする投資家が増え株価が上がれば買収妙味は落ちるというもの。これは本件に限らず一般的な話である。その時、投資家はどうするか?

少なからずピンタレストのユーザーであり、また同社の成長を信じた上での投資ならいざ知らず、多くはニュースが誘発する思惑に投資(投機)するので、良い結果とならない。

実体を見ずに機にベットする…それもまた投資の面白さだと思うが、私には怖くてできない。思惑通りいかない場合に精神的負担が増えるだろうし、何より投資の再現性がない。
マイクロソフトがピンタレストの買収に動いていたとの報道。人気のSNSですが、このタイミングでマイクロソフトが買収に動いているところが興味深い。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
202 兆円

業績