新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これからの消費者にとってベストなwebroomingサイトはどこかを考えると、欧米ではPinterestの名が浮かびます。ただ、日本においてはなかなか浸透しないサービス。オプトの伴さんは、「日本人の自身の審美眼に対する自信のなさが、口コミ等を求めることで、このようなサイトでのコンバージョンにつながらないのではないか」とおっしゃってました。たしかに一見受動的なサイトですが、能動的なwebrooming行動ができないと使いこなせないのがPinterest。しかしこの機能を日本ではInstagramがカバーしているように思います。

Microsoftは基本B to Bが得意ですが、to Cのタッチポイントをしっかりと自社内に持つことはすごくうまいと思います。

欧米におけるwebrooming platformが今後MSと共にどのように進化、変化するのか?
毎年NRFでPinterestのセッションを見ていると、確実に機能、UI, UX進化してますので
引き続き注目していきたいSNSですね。
メガテックのビッグ5の中でも最も独禁法適応リスクが低いマイクロソフトならではの選択肢。クラウドのAzureは破竹の勢いだし、なんやかんやリンクドインもきちんと伸ばしてきているし、消費者データを大量に取得できるM&Aを色々と検討しているのだろう #米株
マイクロソフトはtoCが弱いと思うのでピンタレストのようなプラットフォームの買収はアリですよね。あとは彼らの全社戦略上どう位置づけがあるのか興味深いところです。
日本では一般ユーザーのシェアは少ないですが、海外だと人気です。
まだまだこれから伸ばしてくるかもしれません。
コマースとつなげるというニュースも常に上がっています。
ピンタレスト好決算を受けて、株価は急進。ここ一年で5倍近くへ。時価総額5.6兆円。Microsoftが買収について打診との話も
日本では知名度はやや低いですが、主要SNSのトップ10に入っているPinterest、業績も好調で過去6ヶ月で株価は2倍に値上り。マイクロソフトが買収交渉に動いているとのこと。
慣れるまでに少し時間がかかりましたし、なんでGoogleの画像検索じゃいけないの!と最初思っていましたが
慣れると圧倒的な素材の量と関連画像の適正と
チームでイメージを共有するのに重宝してます。
マイクロソフトがピンタレストの買収に動いていたとの報道。人気のSNSですが、このタイミングでマイクロソフトが買収に動いているところが興味深い。
B2Cを未だに苦手とするMicrosoftがPinterestを欲しいのはわかりますが、LinkedInのように塩漬けにならないといいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
懐かしささえ感じる画像収集サイト(言い方正しいでしょうか?)。
報道が本当であれば、マイクロソフトがどういった道筋でビジネスの活路を見出しているのかが気になるところです。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。1985年にパソコン用OSのWindowsを開発。1990年にWindows向けのオフィスソフトとしてMicrosoft Officeを販売。 ウィキペディア
時価総額
200 兆円

業績