新着Pick

韓国の人気作家がゆるく解く「主観的な人生」を生きるためのヒント

ライフハッカー[日本版]
『今日も言い訳しながら生きてます』(ハ・ワン 著、岡崎暢子 訳、ダイヤモンド社)より、自分だけのものさしと観点を重視して主観的に生きていくことのヒントを解説します。
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年齢を重ねるごとに臆病になる自分がいるかも、とこの記事を読んで思いましたが「そんなにうまくいっている人生でもないのに、なにか心配することがあるのか」と考えたら、妙に勇気が湧いてきた」。共感できました
"これから先の人生くらいは、自分だけのものさしと観点を重視して主観的に生きたって構わないだろう"

まずは自分が譲れないことを書き出してみる。

例えば、、

■ストレスを感じない生活
■ライフワークバランスの取れた生活
■専門性を高める働き方

それに今の職場が当てはまらなければ、転職という選択肢になるし、譲歩できる部分があれば続けるもよし。

つまりは、自責で動ける決意ができるかどうかです。
日本版に「味の素」という単語が出てきているが、原作ではどういう表現が使われているのか非常に気になる。
화학조미료(化学調味料)なのか、それとも다시다(ダシダ:韓国のCJが作る国民的調味料)なのか……。

>>適度な言い訳は人生をおいしくしてくれる味の素みたいなもの
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア