新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまで、免疫を回避する可能性が指摘されていたのは南アフリカ株とブラジル株でした。この2つの株にはE484Kといわれる変異があり、この変異はイギリス株には見られていませんでした。

新たにイギリス株にもE484Kという変異が出始めており、その株においても免疫を回避する可能性があると指摘されました。

こういった変異株では、体内で産生された抗体が効きにくい可能性があり、WHOが警鐘を鳴らしています。しかし、効果は減弱するだけであり、依然、ワクチン接種に価値はあります。

また、コロナワクチンはmRNAなどの遺伝子を用いたワクチンであり、こういった変異株にも迅速な対応が可能です。近い将来、変異株に対するワクチンができたというニュースが流れ、各国が買い求め、ワクチン接種が進められるでしょう。
WHOが「3種類の新型コロナの変異ウイルスについて、抗体から逃れることができる「逃避変異」が起きていると警告」を表明。ワクチンの効果に影響が出る可能性があるとのことです。
集団免疫であっても再感染するということ。

ただしワクチンもそうなるとは限らない。特にmRNAワクチンは存在する変異株に対しても効果がある様子。