新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電動車とは電気エネルギーを動力源に使う自動車のことで、電気自動車(EV)のほかにもプラグインハイブリッド車(PHEV、PHV)、ハイブリッド車(HEV、HV)、燃料電池車(FCEV、FCV)があります。

最近の日本ではEV推進が目立ちますが、ライフサイクル全体のCO2を見たときに、必ずしもEVがベストと言うわけではありません。

走行時だけでなく、製造時や発電時などを加えた総排出量でみると、地域によってEVの方が排出が少なかったり、あるいはHVの方が少なかったりします。

火力発電依存の強い日本や中国では、発電時のCO2排出が多いため、再生可能エネルギーが普及している国に比べ、EVの優位性が下がります。
一方、再生可能エネルギーが普及している国・地域ではHVをエコカーと認めない例も出ています。例えばカリフォルニア州、イギリスなど。

バイデン政権下のアメリカで電動化のトレンドは一層加速しそうです。日本の自動車メーカーが各国の状況に合わせて戦略的展開を図っていくためにも、国がエネルギー政策を改革していくことが必要と思います。
トヨタの2020年米国販売は既に16%が電動車。5年後に40%は実現可能な数値だ。
電動車普及に力を注ぎできたトヨタだが、出遅れと言われることも多く違和感がある。ハイブリッドと燃料電池車への注力が誤解の基だと思われるが、全方位で電動化を進めるというのが正しい理解。
収益性を損なわず、各地域のエネルギー効率にベストフィットのソリューションを提供し、かつ普及を促進できる底力は凄い。確かに社内に筋金入りのハイブリッド論者はいるが、その意見がトヨタの総意ではない。
電動車という言葉のマジック。マイルドハイブリットは
12〜24〜48V。トヨタのTHSハイブリットにNOTEePowerのようなシリーズハイブリット、さらにPHEVもありますね。そしてバッテリーEVとFCV。電動化のデパートですが、これからすべて構造要件の話しばかりです。W2WとLCAでCO2排出の性能要件で議論することが大切かと思いますが。
昨年の北米の販売台数でみると、TeslaのModel3は、プリウスの3倍売れているので、北米市場での戦略は、このような感じでないと勝てなくなってきましたね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車の市場投入を加速します。ピュア電気自動車については、常に世界情勢を睨みながら市販のタイミングを図っています。トヨタは侮れません。
ここで言う電動車の大多数はTHS方式のハイブリッドですね。
そう考えるとそこまで特別な話ではない。

念の為。
トヨタの意気込みは良しだがテスラとの競争に勝てるのか。
トヨタがいよいよ本腰入れてきた感じ!新型MIRAIは車体の出来はいいものの、車両重量に対してパワー不足が否めない。FCVやEVでは海外メーカーのほうが先行しているので、これからどうなるか楽しみですね!
米国市場でのトヨタの動き。「電気自動車(EV)2車種と、充電も可能なプラグインハイブリッド車(PHV)1車種を年内に発表する」とのこと。どんなのかな、楽しみ

リリース貼っておきます
「Toyota to Debut Three New Electrified Vehicles for U.S. Market」
https://pressroom.toyota.com/toyota-to-debut-three-new-electrified-vehicles-for-u-s-market/
4年後も200万台販売できたら、電動車は80万台になる。
米国以外も含めたら100万台を超えるのでしょうか。
その頃にテスラの販売台数がどうなっているのか気になるけど。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
28.2 兆円

業績