新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サウジのムハンマド皇太子は女性の社会進出を認め、自動車の運転も認めるようになった「開明的」なリーダーというイメージを出していたが、他方で女性解放の運動家を拘束するというトップダウンの解放を目指してもいた。やはりトランプ政権がなくなり、バイデンが人権を外交の中心に据えるようになった影響か。アメリカの政権交代はなんだかんだ言っても大きな影響力を持っている。
サウジアラビア当局は、約3年拘束されていた女性活動家ルージャイ・ハスルール氏(31)を釈放したそうです。背景には「人権問題をめぐり同国が米国から新たな圧力をかけられていることがある」とのこと