新着Pick

「AIやロボットに仕事を奪われる!」と焦る中高年の仕事を奪うのは「若者」

黒坂岳央の「超」公式ブログ | 水菓子肥後庵、ビジネスジャーナリストがフルーツ・ビジネス・人生論について語ります
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらの記事にも書きましたが、今の時代の子どもたちはデジタルネイティブなどではなく、クラウドネイティブ、さらにはAIネイティブになっています。

https://diamond.jp/articles/-/260623

AIやロボットの活用が進もうと人間の仕事は残りますが、その仕事は新しい内容になります。その新しい仕事に適応できない人は次第に危機に晒されます。

人生100年時代ってのは聞こえは良いですが、この変化の多い時代には大人も学び続けないと生きていけない時代の到来とも言えます。AIネイティブとも協調して仕事できる歳上世代でありたいものです。
年齢に関係なく、学び続け、成長し続ける。

それだけのことです。「いまの若者は…」と言っている自分も、かつてはそう言われていたはず。

少し長く生きて得た経験や知識で手にした既得権。でもそれは普遍的に価値を持ち続けるわけではない。

中高年は変なプライドを捨てて、若者から学べばいい。一方、若者は中高年から、本質的に価値あることを選んで学べばいい。

AIやロボットに仕事を奪われるとか、若者のことはわからないなんて言っている場合じゃありません。

中高年が取り残されるのは自業自得。そうならないようにしましょうね。
この記事、まさにそうだと思います。

中高年が最も恐るべきは、AIネイティブキッズの台頭。

今後は日本でも若い世代へのAI教育の充実がなされていくので、若い世代ほどAIを使うことなすことができ、中高年の仕事を奪うのではと思います。