新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米パシフィック・バイオサイエンシズは、2004年、遺伝子配列の解析技術と機器を提供するバイオテクノロジー企業として創業しました。1回の分子反応で生体分子のリアルタイム分析が可能なSMRT(single-molecule real-time sequencing=単一分子同時解析)技術を使った製品も知られています。

新コロナワクチンではmRNAワクチン技術が知られるようになりましたが、同ワクチンの研究にはウイルスの遺伝子配列の解析が必要です。以前より、遺伝性の疾病の研究など、幅広い場面で遺伝子解析は使われていましたが、今後も需要は増えそうです。同社は、コロナ渦の2020年後半より株価が急騰していましたが、そのなかでのソフトバンクによる増資との報道です。
これからはバイオを無視して投資会社はありえません。
今後どんどん医療やバイオの分野の投資を増やしていくのではないでしょうか。
ソフトバンクGは運用金額が大きくなりすぎているので、分野を絞って投資をし続けるのことはできないと思います。
DNAシーケンシングシステムの開発・製造を手掛ける「パシフィック・バイオサイエンシズ・オブ・カリフォルニア」が、ソフトバンクグループ傘下のSBマネジメントから上位転換社債の形で9億ドル(約940億円)の出資を受けると発表したそうです。

リリースはこちら
https://www.pacb.com/press_releases/pacific-biosciences-announces-900-million-investment-from-softbank-to-support-growth-initiatives/
こういう種まきが後々の大きなリターンにつながりますね!
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
21.1 兆円

業績