新着Pick
368Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタの車は、日本でも最近はカローラスポーツなど、スポーティーでデザインの良い車が増えてきていて魅力的になっているなあと実感を持って感じます。海外レビューなどを見ても明らかに評価が上がっています。
北米市場でも好調のようで、この結果につながっているとのことです。(トヨタ、21年3月期営業益2兆円に修正 米中で販売復調:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD09E180Z00C21A2000000/
豊田章男さんの改革が進行中ですが、どのような変化が内側で起きてきているのだろうと思います。
通期営業利益計画は1兆3,000億円を2兆円へ7,000億円上方修正。台数増700億円、構成好転1,300億円、価格上昇800億円、インセンティブ減950億円、金融事業好転1,000億円など、おもに営業面の引上げ効果が大きいことが特徴。
自動車各社で好決算が続くが、①固定費削減、②数量回復、③価格効果、④金融事業増益が作用している。
トヨタが競合他社に勝っているところは、市場で売り勝っていること、バリューチェーン収益を地道に重ね損益分岐点を一段と下げている、そして何より重要なことは、コロナ禍の生産制約が続くなかでも需要に対応できる「供給」を実現してきたことなのである。
9月以降は対前年比で台数はプラスになっているようですね。東日本大震災の後に半導体を多めに持つようにしていたということもあるのでしょうが、ポストコロナの自動車市場の回復局面で販売機会を失わないあたりにトップ企業の強さを感じます。
近さんは、「当たり前のことをしっかりやってきた」と話します。
つくづくトヨタは強いと心から感心します。
今日、別記事で、半導体部品の不足でGMがアメリカ国内の工場を停止するとの記事がありました。
https://newspicks.com/news/5605358/

3月決算のトヨタは今期は立ち上がりからいきなりコロナで、世界中で工場操業停止に追い込まれています。もちろん、これは他の自動車メーカーも同様です。

こういう悪条件からどれだけ早くリカバリー出来るか?という緊急事態への耐性が試された1年だったと思います。
結果的に、トヨタは自動車メーカーの中で、色々な意味で危機に強かったということが、この利益(→売上ではなく)水準に現れています。

それなのに、この1年株価があまり冴えなかったのは、豊田社長は悔しいと感じていらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、株価が上がっていますが、この1年で信越化学はトヨタの倍以上の株価まで上がったのを見て、株式市場とは理不尽なものなのね…と感じていたのが正直な私の感想です。
→偶々、この2つの銘柄は長期保有していただけです…
なぜ強いんですかねぇ


0回、1回だけでなく、「なぜ」× 5回どーぞ ハイ、皆さん!
トヨタは、2021年3月期連結決算の業績予想を、「売上高を従来の26兆円から26兆5千億円、純利益を1兆4200億円から1兆9千億円」に上方修正しました。
【業績予想の修正に関するお知らせ】
https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/financial-results/2021_3q_forecast_jp.pdf
多くの人が、トヨタの好業績を聞くと「誇らしい」「それでこそ」と感じると思います。業績悪化したときは「負けるな」「らしくない」でしょうか。
一国民であるだけでそう感じるのですから、トヨタの社員のトヨタに懸けるプライドは半端じゃないと思います。

1位であること、それ自体が社員にとって最高のモチベーションかつプレッシャーになる。そんなとこがトヨタの強さかなあと思います。
そもそも年度初めに最終黒字の予想を出したところがまず凄かったですが、そこから引き上げの連続。すごいですね。
トヨタならば、一番良い時に
水素自動車・EVへ大転換を始めるのでは。

昨年、再エネ新会社を合弁で作る等、動きが一気に加速していきそうです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.4 兆円

業績