新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「障害者の親に問題があるのではなく、それを恥ずかしいと思わせる社会にこそ問題がある。」
本当にそのとおりだと思います。

多くの障がい者の方と関わっていると、障がい者となっていることに後ろめたさを感じている人もいます。
誰もが好んで障がい者となっているわけではないのです。

私の周りにもご両親どちらも聴覚や視覚に障がいがある方がいます。お子さんが産まれた話しを聞くとお子さんは大丈夫だったのだろうかと余計な心配をしてしまいますが、親が子どもを産む選択をするということは、このようなことがあることも全て分かった上での選択であり、決して恥じることではなく、それを親が自分の子どもに対してどう教育していくかなんだと思います。とはいえ、そのお子さんの苦悩は計り知れないことであり、差別、偏見もそうですが、障がい者だけではなく、ご家族も支援するような社会に変わって行かなければならないと感じます。
CODA(Children of Deaf Adults)という言葉を、この記事で初めて知りました。

自分が何者なのかを認識し、孤独な存在ではないと安心し、同じ境遇の人とつながり希望を持つ。ラベルがあることで、広がる世界があります。

同時に、CODAと一括りにすることで、様々な個性や環境や経験があること、ひとりの人の中にも多様な要素や感情や未来があることが、見えなくなりがちです。

根底は、LGBTQにも通じるものなのだと感じました。

自分が生きられるのは自分の人生しかないけど、できるだけ多くの人に触れて、対話して、その人の人生や多様性を擬似体験してみる。自分ごととして、その人の痛みや喜びを受け止める。

それらの体験の蓄積や交差で、人生はより豊かになるのかもしれません。
この言葉を紡げるようになるまでどれだけのことがあったのだろうと、ボラさんご自身、そしてご両親のお気持ちを考えると胸が痛い。
「いまではCODAとして生まれたことを、とても良いことだったと思っています。差別や偏見を目の当たりにしてきたから、傷ついた人に寄り添ってお話ができる。CODAとして生まれたから、そんな感受性を持つことができたんです」
この記事を読んで少しでも自分の理解も深まり、
言葉の定義が広がることで、その環境にある方の一助になることを願います