新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユーザー数においては日本だと一般層までかなり普及しているのと、TikTokやclubhouseなどのSNSも出てきてアクティブ数においても影響が出てくるかもしれません。

昨年末までは緊急事態宣言前ということもあり、広告業界も非常に良かったが、1-3月の緊急事態宣言中は広告主がひいてしまいやはり売上減は避けられない。
全く悪くない。マーケット反応もやや上げ。春以降コロナ特需が大なり小なり剥げ落ちるのはIT全社共通。今が良すぎるだけ。
SNSもClub houseなど
色々なメディアが勃興してますからね。
Twitterも今後どうなっていくのか注視ですね。
Twitterは、先日ニュースレター配信サービスRevueを買収し、先週から日本でもアクセスできるようになりました。本格的に日本で使うにはまだ多少課題がありそうですが、今後に期待しています。
広告マーケットはだいぶ戻ってきてますね。世界的に2020年6月〜7月頃がボトムで年末に向けてだいぶ正常化してきた印象があります。一方で、Twitterの場合はユーザー側の議論、プラットフォームとしての強さが継続的な論点にはなっているようですが、日本は世界的に見てもTwitter需要が高い国であるという認識ではあります
「パンデミック(世界的大流行)で昨年急増した利用者数の伸びは、今年鈍化するとの見通し」だそうですが、現在住んでいるミャンマーでは、軍によるクーデターで一時Facebookが遮断されたこともあり、Twitterユーザーが激増する現象がみられました。

クーデターはFacebook一辺倒だったミャンマーのネット行動を劇的に変えています。
clubhouseという台風がSNSに到来し、これが通り過ぎた時にまた新たなSNSの秩序が生まれる。
鈍化が懸念なのか、鈍化も売り上げという観点ではもろともしないのかの方に注目したい
ツイッターで鬱陶しいのは一部の人達が毎日せっせと作り出す偽のトレンドが表示される事

「#安倍晋三の不起訴処分に抗議します」の拡散の半分は3%のアカウントによって行われている
https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20201225-00214440/

#スガやめろ というハッシュタグはなぜトレンド入りしたのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20200914-00198027/
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
5.50 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン