新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いろいろなケースで大丈夫かを見るためではなく、「マイルあたりの自動運転解除回数」のデータのために路上試験走行距離を稼いでいるという話ですよね。

路上試験走行では、危ない場面、事故につながる場面などは、ほとんど発生しないので、その距離の大半は、データ的には「空走距離」になります。

従って、各社、規定の数字を出すために路上試験走行は実施していますが、シミュレーションで仮想空間内で自動運転走行させて、さまざまな場面を故意に作って安全機能を確認するという試験を並行して実施していますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
カリフォルニア州のDMV(自動車当局)の毎年の発表。原文を見ようと思ったが、サーバー落ちているのかつながらない…
1.8万マイル(3.3万キロ)というのは、他社比でどれくらいなのか。下記は2018年の走行距離が出ている記事だが、元々Waymoが圧倒的で126万マイル、次点がGM Cruiseで45万マイル、そして3位が本記事にもあるがAppleで8万マイル。距離としては全然少ない。
https://wired.jp/2019/02/26/new-robo-car-report-card/
どういう仕様で路上試験しているのであろうか、、
アップルが、カリフォルニア州車両管理局に提出した報告書からの記事だそう。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
267 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン