新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>米国内では核合意への復帰に反対論も根強く「長期戦」を前提に、対イラン政策の立案を急ぐ構え

イランは6月に大統領選を控えており、「長期戦」で行けば強硬派大統領が誕生する可能性が高く、さらにハードルが上がる


>米国が先に制裁を完全に解除しなければならないという条件は譲れない

お互いに譲れない一線を示し、それをお互いに信じる所が、交渉のスタートライン。自らが崖っぷちにいると相手に信じさせることができなければ、相手から譲歩を得ることはできない。


>トランプ前政権は18年5月、核合意から一方的に離脱すると表明

まあ筋論で言えば、一方的に約束を反故にした方が先にへりくだるべきという気もする。

>「有力案の一つ」(欧州当局者)だと取り沙汰されるのが、米国が制裁を段階的に緩和する案

欧州仲介論は前からあるが、この段階論ははたしてうまくいくだろうか。

それから、もう一つは賠償請求を飲むかどうか。

>しかし、実際にはイランが核合意から逸脱し、中東の緊張がむしろ高まった。

バイデンも戦略なくイエメン内戦支援から撤退し、イラン核合意で譲歩すれば、さらに中東の混迷は増すのではないか。