(ブルームバーグ): ミャンマーの首都ネピドーでは、クーデターで権力を掌握した軍への抗議活動を行っていたデモ隊に対し警察がゴム弾を発砲したと、複数のメディアが伝えた。またマンダレーでは治安当局がデモ隊に向かって催涙ガスを使用し、放水していたと、目撃した人が証言した。

ミャンマーでは軍部が取り締まりを強化、集会を禁じているが、抗議運動に参加したデモ隊は数万人に上った。

最大都市ヤンゴンからの映像には、ヤンゴン大学付近のレダンでデモ隊と警察が対立する緊迫した様子が映っていた。現場のデモ参加者やソーシャルメディアへの投稿によると、警察は集会を解散しなければ武力を行使すると警告した。

ミャンマー、主要都市に戒厳令-全土で大規模な抗議デモ続く

原題:Myanmar Police Fire Rubber Bullets, Tear Gas at Protesters(抜粋)

©2021 Bloomberg L.P.