新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタル時代に求められるデジタル人材がどういう人材なのかさまざまなところで議論されています。
今やデジタル変革は一つの業界を超え、企業を超え、枠を超えた繋がりにおいて、データとデータがつながり人と人がつながり新たな顧客体験の付加価値を見出しています。
ジョブ型の雇用も進み、デジタル人材が自身の強みを活かしながら、いかに周囲とつながることができるか、エコシステムの拡大を繰り返すためによりオープンである状態が必要です。
自身が枠を越えるということは、自身の枠に上限を設けずに常に変革し続ける人材が今後求められると思います。
「むしろ必要なことは「本当に会社内部でやることは何か」を見定めることだ。そして「自社の社員はどういうことをするヒトか」を再定義する必要がある。」
その通りだと思います。
新たな組織と仕事のあり方をデザインしないといけない局面。
仕事する人を集めるのが組織から目的に変化し、会社がコミュニティ化していく中で自社と外部ボーダーは曖昧になってくる。
企業の思考をさらに個人とそのありようにフォーカスして変化させる、その上で組織としての目的や集合のあり方を決めていかないと未来はないですね。
会社は人を保有できない。そんな当たり前のことを、企業内にいるとどうしても勘違いしてしまいがちではないでしょうか。

記事内に次のような文章があります。

【「会社組織」が何をもって外部と境界を設定するかという組織論の問題に発展する。エコシステムでつながっている会社同士や会社とヒトは、一対一ではなくネットワーク的な協働体である。それは会社という概念や組織が、コミュニティーのような緩やかなつながりの上に乗っている姿に近いのかもしれない。】

副業が活発化したり、リモートが進んだりすると、会社組織と外部との境界線はますます定義しづらくなってくると思います。

会社も個人も、相互に提供できる価値を定義し、磨き、多面的に繋げていくことが、ジャパンエコノミーの維持につながっていくのではないかと思います。
記事内容に概ね同意です。「正社員」の「正」って何なのか。「無期なら正」は終身雇用の前提が崩れつつある中では絶対ではないですよね。またコロナにより「会社・職場」の物理的な定義もボヤけてきた。コロナが落ち着いたとしても、ここから数年はこのあたりの概念に大きな変化が訪れるものと思っています。
テスラのような仕組みでビジネスをする組織と、テスラから仕事を受託する組織はモノを作ってビジネスをする組織では、正社員に求められる役割が異なります。
今までは、どの会社も似たような組織で似たような働き方をしていましたが、このような流れが加速すれば、それぞれの組織が集中すべきものに集中するので、正社員の役割が変貌するのは当然ですし、組織によって様々な形になっていくと考えます。

組織も個人も個性が問われるようになりつつあると感じています。
時代に関係なく大切なこと。

従来の仕事のやり方や組織を踏襲しているだけでは、何も進化しません。

いま本当に見直すべきなのは、会社内部で本当にやるべきこと、それをやるのはどんな人がいいのか、合った雇用形態など。

いつの時代でも必要なこと。デジタル時代だからという理由が、推進のきっかけになるのなら、DXなどを掲げるのもあり。

企業は能書きを垂れているだけではなく、確実に前進しましょう。
デジタル時代の人材というと、データアナリストやITを使いこなす技術者などを思い浮かべがちだがそれだけではない。デジタルテクノロジーの進展により、社内外の人材へのアクセスが容易になりコラボレーションが加速する。一人ひとりがいわばコンサルタントのような立場でリソースを活用しながら仕事を果たすイメージだ。

個々の社員はそれぞれの強みを表すIDとして専門性を磨くことが求められ、それを評価するためのジョブ型人事制度の導入が進む。従来のように、ジェネラリストをOJTで育成するのではなく、スタートアップやフリーランスな外部の専門家を活用する。

人事評価や能力開発などを含めて、デジタル化は人事制度にも抜本的な変革を迫っている。人事DXの今後の展開に注目したい。
ジョブ型になることで正社員であることの需要が減っていくのかもしれない。プレジェクト単位で契約するようなスタイルも当たり前になるのかもしれない。ただ、いまの日本の状況だと全くイメージができないというのも現実です。これからどのように社会が変改していくのかも気になりますし、変化した時に必要とされる人材になっておくことを意識しなければならなくなっているようにも感じます。
プロジェクトを進める時、大企業は意思決定に時間がかかるため、スタートアップのフットワークや斬新な提案を起爆剤のように活用させていただく場合があります。

そんな時、正社員の役割って何だろうと思うことがありました。当時、上司はただの調整役だと言ってましたが、、

"文系AI人材になる"を拝読させていただいて、リテラシーを高めて企画と照らし合わせたり、コーディネートすることの重要性を再認識しました。

また、自分も知識をアップデートさせて、社内で立ち位置(社内フリーランス的な役割)を持って、プロジェクトの担い手の一人となることも今後のあり方かなと思います。
今の世の中の働くことの価値を示しているかと思う。
正社員にこだわる理由はわからないけど、組織として何を求めるのか考えないといけないだろう。

私は非正規(任期制で有期雇用)のフルタイムなんだが、記事にあるようなことになってる。大学の中で正規(要するに無期雇用)の先生方の役割(教育活動に絡む委員会活動)も担っていたりする。正規、非正規の壁は厚いかと思う。まずは待遇面整えて、正規と非正規、無期有期の違いを少なくすることから始めると、正規の危機感出るかと思う。まあ、日本だと正規は守られた存在なのだけど。
関連記事一覧
できるトップ「5%社員」と、その他「95%社員」は何が違うのか
Diamond Online
1643Picks

「会社を辞めたいなあ」と思った瞬間ランキング
ITmedia ビジネスオンライン
207Picks

「会社に残ってもあなたに仕事はない」と告げられた50代社員の証言。社員50人が退職を強いられた会社のいま
Business Insider Japan
179Picks

コンサルをうまく使える会社、ムダ遣いして失敗する会社の根本的な違い - 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進
Diamond Online
8Picks

Schoo×DeNAに聞く、自発的に学ぶ社員を育成する組織づくりの重要性
HR NOTE
4Picks

デジタル時代の人材戦略、3つの実践ポイント いかに組織を変革していくか
ITmedia ビジネスオンライン
3Picks

20代社員の3割「2年以内に会社を辞めたい」調査が示す日本企業の“深刻な課題” 柴田彰(コーン・フェリー・ジャパン シニアクライアントパートナー コンサルティング部門責任者)
PHPオンライン衆知|PHP研究所
3Picks

出向前に本社で記念撮影する社員「会社への片思い」を今すぐ捨てるべき理由 大塚寿(エマメイコーポレーション代表)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
2Picks

仕事に疲れた新卒、若手社員へ「会社のために働く」必要はない!
ジョブハンティング.com|就職活動・転職活動・エージェント解説
2Picks

マツコさん事務所「正社員からフリーになって」 業務委託への変更、従わないとダメ?
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
1Pick