新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
物理的に遮断されているので中国勢と米国勢の比較にあまり意味はなく、ざっくりAWS30%、Azure20%、GCP10%で、足元ではマイクロソフト・Googleの売上成長率がアマゾン上回ってシェア伸ばしていることが肝。そして、それ以下とこの3社では全く勝負になってない
MicrosoftのAzureの成長率が極めて高い。4年間でAWSのシェアは32%程度で横ばいだが、Microsoftは10%から20%へと一気に10%伸ばしている。このペースが持続するかは不明だが、B2B市場が牽引し続けるとすると、ジワジワと背中を捉える可能性がある。ルーザーはあくまでも旧来SIerが提供するクラウドであり、Microsoftが最も得意とする領域。そこにいるのがIBM。
AWS、Azure 、Google、IBMに関しては、特に金融事業などセキュリティ要件が高いものについては、IBMや他のアメリカ有力IT企業のクライアントをAzureが奪っているという構図だと思います。

特に、システム開発を主たる事業としているIT企業にシステム開発を外注している企業が、クラウドサーバーだけはAzureに切り替えるという動きがトレンドになっているかと。

それに対してAlibabaのクラウドサービスの成長は、非アメリカ地域での伸張かと思います。
この意味では、アメリカの4社はお互いにパイを奪い合う中で、Azureが相対的に強いという構図。

Alibabaとアメリカ勢力とのガチのシェア争いは、これから本格的になるのでは?
Google もそろそろダメそう。
Google のクラウドは使いにくそうだもんね
3強に入ってくる日は意外と近いと思います…
IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
12.0 兆円

業績