新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域限定の考え方として、「居住地」「目的地」の2つの考え方がありますし、リードタイム(予約から催行までの時間)が長いのでそのあたりをどう整理できるかですね。特に、多くの旅行代理店・OTAではシステムがおいついていない可能性があります。

地域限定で再開する場合は、「居住地」「目的地」の考え方(緊急事態宣言エリアの扱い)と、再度緊急事態宣言が発令された場合の縮小の考え方を提示してもらえると中にいる身としては助かります。
業界ではGOTO再開への期待はもちろん大きい。
が、またGOTO再開がコロナ再拡大と関連づけられると、もう次は無い。
でも、果たしてGOTO全てが悪かったのか?
現時点では、移動でほぼ感染クラスターは発生していない。

結局何が要因で、何をすれば良いのかを、もう少し具体的なレベルまで落とし込まないと、本来は問題ない行為にまで制限をかけてしまい、悪影響の範囲を広げてしまう。

単純に、地域ごとに対象を広げる、という解決策では無いような気がするのだが…。
一斉にするのではなく、分散型にするのは前回からの教訓として必要でしょうね。どちらにしてもコロナ終息への全体のロードマップをワクチン含めて出さないとなんとなく減ったからもういいかくらいで、また再燃すればまた蛇口を閉めることなるので、しっかり全体像を決めてやってほしいですね。あと、終了のスケジュールも決めないとだらだら安売りセールを続ける政策も良くないので両方必要。
自民党が特に強いのは、北陸と山陰地方です。
東北は県によって差がありますが、秋田県や青森県あたりは自民党が強いです。
島根県でしたか?自県だけGo Toトラベルを再開して欲しいと赤羽大臣に陳情していました。

自民党の佐々木紀氏は「北陸、山陰、東北など感染が少ない地域限定で始めることはできないか」と質問。赤羽氏は「そういう声もたくさん出ている」

北陸、山陰は移動手段からして、観光客は関東圏から来る人を想定していると思うのですが、関東圏は、それよりも感性がズレている医療機関に税金を使ってでも、医療機関の逼迫状況をどうにかして欲しい方が先では?
GoToトラベルの再開は、観光業が熱望するとことであるのはわかる。
ただし、今回は観光業自体の感染防止対策のみならず、利用者(旅行者)の感染防止対策、「行動変容」の徹底を十分確認してから動くことを強く求めたい。
前回の盲点はなんだったのか、しっかり検証して国民的コンセンサスを得てから
慎重に動くべき。
GoTo トラベルで感染が拡大したと思い込んでる人がいるがそれは間違い

国立感染症研究所の論文によると GoTo で逆に感染は減った

Goto トラベルと感染(実効再生産数)を回帰分析した結果、相関係数はマイナス
We regressed R(t). Goto Travel Campaign (GTC) were negative and significant.
We conclude that GTC did not raise infectiousness.
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.12.29.20248977v1