新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイデン大統領は、経済制裁を解除するための6ヵ国協議は再開する方針は表明していました(トランプ政権の時に米国は6カ国協議から離脱してイランへの経済制裁を発動)。しかし、協議を再開する前に経済制裁の解除をすることはない、と明言しました。また、バイデン氏は、6カ国協議を再開するためにも、イランが6カ国協議で決まった核開発制限を遵守するように求めています。
 イランの要求は、まず経済制裁の解除、ということですが、米国がこのての脅しで軟化することはまずないですし、イランの立場を悪くするだけでしょう。

https://www.barrons.com/news/biden-says-us-won-t-lift-sanctions-to-bring-iran-to-talks-01612714205?tesla=y
査察の一部停止は国会(Majlis)が定めた制裁緩和法の中に含まれているものだが、行政府がこれまで履行を止めてきた案件。バイデン政権をせっつくメッセージだが、ちょっと焦りすぎ。大統領選挙のためにも待っていられないのだろう。
続くイランの瀬戸際外交。
イランが強行姿勢を示している?
イランが抜き打ち査察の受け入れを停止すれば、核開発の完全な検証が危うくなる恐れがある