新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外では輸送時での収奪や横流しなどを防ぐためにダミーの貨物などを使う計画もあると報じられていました。それに比べると日本の物流は安全で正確な印象が。1度に同時接種するグループの管理など貴重なワクチンを無駄にさせないためのロジも問われています
医薬品には既定の管理方法があり、冷凍、冷蔵、常温管理など、種類によっても様々に定められます。有効期限も様々です。ワクチンのようなタンパク質を含む医薬品の場合は、温度変化によりワクチンの変質が起こり、医薬品としての性能を維持できないばかりでなく、未知の副反応が起きる可能性があるため、厳格な基準を定めて明記しています。管理方法、期限を逸脱したワクチンは廃棄処分となります。

メーカー側は、何かしらの問題が発生する場合に備えて、ロジスティックスの最終地に至るまでの管理問題の有無を特定する方法を導入しているはずです。今回の場合、ラスト・ワンマイルは自治体等の手に委ねられそうですが、ここに「基準」を定めることは当然に必要です。医薬品の種類によっては極めて厳格なトラッキングをしている意味を理解し、最終段階を扱う自治体等は、丁寧に扱う必要があります。最終部分の配送実務を民間にゆだねることについては、日本の現状を踏まえれば、なんら問題ないと思います(むしろ望ましいのでは?)。

今後の管理リスクとして、冷凍輸送機器の故障も完全には排除できず、リスク管理が重要です。また、このワクチンは1バイアル(瓶)に複数名用の容量が入っており、溶液に希釈して使用しますが、先行する米国では6時間以内に使い切るという品質基準上の決まりがあります。日本でも同基準となるでしょう。余ったものを翌日に繰り越すことはできないので、ここにロスが生じる可能性があり、最小限にする工夫が求められます。この問題が一番大きくなるのではないでしょうか。

対処法として、例えば、空白の時間帯が少なくなるように、6-15 20-25 にワクチン接種できるようにする等工夫できるのではないでしょうか。従事する方は大変ですが、日本では現行法に従えば、法律上接種する従事者(したがって会場)を拡大できないので、工夫が一層に必要だと思います。

記事では強奪等のリスクが書かれていますが、管理がなされていない医薬品を入手する価値がありません。メリットがない以上、リスクは低そうです。
ちょうど昨日アメリカでは官民が連携して、ワクチン接種についてディズニーランドが敷地を開放するなどの記事がありました。

>官民連携こそがパンデミックから抜け出すカギ
であり
>彼らは日頃から人を動かし、大量の物資やサービスを動かしています。群衆管理(クラウドコントロール)が仕事です。だから、ディズニー・ワールドやアラモドームでワクチンの集団接種を行うのは理にかなっている。彼らはその道のプロなのですから
とありました。

PwCでも円滑なワクチン接種のために、自治体・企業・団体等の方々へのご支援を開始しました。

「地域全体のワクチン接種計画を策定し管理していく自治体や、ワクチンの製造・輸送・接種に関与するさまざまな企業および団体に対し、PwCコンサルティングが持つ専門的知見や各業界に対する深い理解、業界を横断したプロジェクト推進の手法や、ヒューマンセントリックな体験構築のノウハウなどを用い、不確定要素が大きく状況が刻々と変化すると予想されるワクチン接種業務を円滑かつ安全に進めるための支援を行います」

日本で採用されるワクチンは2回接種となる予定で、オペレーションが複雑であると聞きます。

こういったオペレーションの構築は、コンサルが得意とする領域だと思いますし、このような取組みを迅速に立ち上げられるPwCを誇りに思います。
こういった行動こそが、私たちが社会に存在する1つの理由であると思っています。

★ PwCコンサルティング、新型コロナワクチン接種業務支援室を設置

https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/covid-19-vaccine-support210202.html
うちのような田舎でも拠点病院には冷凍庫が運び込まれたようですが、接種施設への運送はどうするんだろうかと思います。
専門業者なんていないでしょうし、指針は重要だと思います。
涙が出るくらい遅い。すでに接種率が10%を超えている国も増えてきているのに、、
ワクチンの製造を担うファイザーとの協議などを行い今月中(2月)に自治体や医療機関に安全輸送のための指針を示すことにしているそうです
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア