新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミャンマーでのクーデター直後のG7テレビ会議となると、ミャンマー問題、それに関連する「中国との付き合い方」、コロナウイルスワクチン配布での協調体制が議題になる。初登場の菅首相の発言にも注目が集まる。
オンライン外交が当たり前になると、今後はより頻繁に首脳会談が行われるということになるのかもしれないな。
こうしてテレビ会議で機動的に会議開催できるようになると、タイムリーに提案、発信できるかという能力が大事。
じっくり時間をかけて下から積み上げていくだけの外交ではいけない。
トランプ前大統領だったら、オンライン開催は難しかったはず。マスクの拒否など、国内の支持者向けの行動が国際会議では通らないはずだ。しかし、今後心配されるのは菅首相の言動ではないか。
欧州でも、トランプ政権が終わったアメリカに対する期待が大きい分だけ、バイデン新大統領の動向に注目が集まっている。
菅首相も長期政権を築いて、何度もG7首脳会議に参加できるようになってもらいたいですね。安倍政権までは短期で海外の首脳に覚えてもらえませんでした。
日本の存在感を出せるように頑張ってもらいたいです。
G7もテレワークでできるのだから、もっと官庁にテレワーク活用してほしい。ちなみにどこのシステム使っているのかも知りたい。官庁はZoom禁止なので
アメリカがホストだった昨年は、結局G7が開催されなかったですから、久しぶりになります。

ミャンマー問題、ワクチン問題など、国際協調が必要とされる問題が山積しています。

ところで、どこのタイムゾーンに合わせるのでしょうか?
やはり、参加国が多い欧州時間に合わせて、アメリカは朝、日本は夜かな。
テレビ会議は、セキュリティーが守られるとは限らない。

第三者が傍聴していても気付く術がない。

他方、発言はすべて録音録画されるから、事後に改竄できない。

いずれにしても、通訳を介したテレビ会議は、あまり役に立たない。