新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはEUと米国の対立であって、中国と米国の対立ではありません。
この点の誤解があるようです。

元々、ライトハイザーUSTR代表とEUの関係は最悪でした。
本来大本命はEUからの候補でしたが、これをライトハイザー氏は断固拒否したことから混迷が始まりました。

そこでEUはナイジェリアの候補を支持し、これでまとめようとしました。ところがこれにもライトハイザー氏は反対。この時点で、中国はまだ支持を明らかにしていませんでした。

このライトハイザーUSTR代表さえ交代すれば、決着は着くと加盟国は皆そう思って、それを待っていただけです。

もちろん中国はアフリカ諸国への影響力は大きいですが、本件で米国と対立していたのは中国ではなく、EUです。
バイデン氏の大統領当選が確定したあと、韓国の兪明希氏はワシントンを訪問して事務局長選挙での「身の引き方」を調整していた。今回、韓国の候補者が辞退を表明した翌日の2月5日、手際よく米通商代表部(USTR)が世界貿易機関(WTO)の事務局長選で、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相を支持すると表明した。ナイジェリアの元財務相を推していた中国はメンツが立った。これで一件落着。
細川昌彦さんのコメントがあってこのニュースの意味が初めてわかります。どうせなら毎日新聞が経緯、背景、意味合いを含めた記事にしてくれればいいのですが、なぜそうしないんでしょう。したくてもできない事情があるのか、そもそも書ける能力がないのか、どちらなんでしょう。わかる方、教えてください。
日本代表部に森喜朗氏(東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)を送ったらどうでしょうか.
WHOの事務局長選で、米通商代表部は、「ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相」を支持すると表明
トランプ前政権が支持していた韓国の兪明希・産業通商資源省通商交渉本部長が事務局長選からの撤退を表明し、オコンジョイウェアラ氏の選出が確実となっています

WTO事務局長選、韓国候補が辞退 政府発表(AFP)
https://newspicks.com/news/5595171