新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今朝載せたスクープです。JALが退役前の国際線機材を客室はそのままで国内線に投入、というところまではよくある話ですが、今回はフルフラットシートのビジネスクラスをクラスJとして販売するという話です。国内線でフルフラットのビジネスをプラス1000円で体験できるのは、なかなか面白いなと思いました。

クラスJは普通席にプラス1000円で乗れる国内線のミドルクラス(航空券の種別的にはエコノミーですが)で、予約状況を見ているとここから埋まる便も多いです。また予約状況によっては差額が拡大します。羽田那覇だと片道3時間、福岡でも2時間あるので、海外旅行に行けない中、ちょっとしたワクワク感があると感じました。

実際、弊紙Twitterのフォロワーさんからはかなり反響があったので、緊急事態宣言で冷え込んだ旅行マインドを掘り起こす意味でも良い取り組みだと思いました。同じシートは今回退役する777だけでなく787の一部も搭載しているので、国際線プロダクトを体感してもらえる機会としても活用できるのではないかと感じました。
羽田⇄那覇線ならば、満喫出来ますね。
アルコールを軽く飲んで一眠りするには、気持ちが良いです。

ちなみに、フルフラットにするよりも、頭を少し上げた状態の方が、昼寝には気持ち良いと思います。
飛行機は頭を少し上げ気味で飛んでいるので、ファーストクラスの完全フルフラットだと寝ると足が頭より上がり、快適性が下がります。
→この意味では、ANAのアジア路線用のビジネスクラスは、昼寝には向いています。
Jクラス料金で乗れるのなら お得感がある。 こんな時期のちょっとしたお楽しみ。
マイル修行僧に朗報!?笑
退役間近の国際線仕様の機材を国内線使用に変更するために多額なコストをかけるよりも、現状のままでビジネスクラス用のシートをクラスJで販売するのは経営判断として理にかなっていると思います。
座席だけを比べると国内線仕様のファーストクラスより快適かもしれません。ついでに、フライト時間が長い路線だけでも食事やアルコールなどの飲物を追加料金制で提供してもらえると良いですね。特にリゾート路線でもある那覇便ならば、現在のブルーシールアイスクリームやオリオンビールを販売だけでなくリゾート気分を盛り上げるような軽食や飲物を提供して欲しいです。
国内線でフルフラットは、ちょっとオーバースペックではないかと思いますが、この時代らしいなと思う出来事。とはいえ普通のクラスJ(追加料金1000円)よりもっと高い料金設定してもいいのではないか?
飛行機旅好きには嬉しい。
コロナじゃなかったら一瞬で予約埋まってたでしょうね。
青組には、全く関係のない話であった。

とはいえ。ファーストクラス乗りたいなどといううちの子にはいい経験になるかもしれない。なかなかJAL乗らないけど。

しかし、777退役なのか。。。
国内は、737と787しかない世界になるな。エンブラエルとかエアバス乗れるとラッキーみたいな。
国際線のビジネスクラスで失った収益を、少しでも国内線のクラスJで得ようという戦略でしょうね。

ただ、距離が短いので、フルフラットで提供できる価値が少ないため、話題性以外には盛り上がらないと思います。

収益は別にして、国内移動顧客を獲れる割合を増加させることが目的なら、それは実現可能でしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア
時価総額
9,993 億円

業績