[ジャカルタ 5日 ロイター] - インドネシアとマレーシアは5日、ミャンマーで起きた軍事クーデターを巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN)外相特別会議の開催を呼びかける方針を示した。

インドネシアのジョコ大統領が、同国を訪問中のムヒディン・マレーシア首相との会談後に明らかにした。今年のASEAN議長国を務めるブルネイに対し、ASEAN外相特別会議の開催を要請するよう、両国外相に既に指示したという。

ムヒディン首相は、ミャンマーの軍事クーデターは「民主化への道を一歩後退させた」と述べた。

ただ、ASEANは加盟国の内政問題への干渉は控えるとの立場を取っており、ミャンマーへの対応にも違いがみられることから、この種の会合はまれで、困難も伴うとみられている。