新着Pick

米FDA諮問委、J&Jのコロナワクチン許可申請で26日に会合

Bloomberg
米食品医薬品局(FDA)は4日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のヤンセン・バイオテック部門が提出した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの緊急使用許可(EUA)申請について協議するため、ワクチンおよび関連生物製剤に関する諮問委員会(VRBPAC)の会合を今月26日に開催すると発表した。
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
J&Jのワクチンに緊急使用許可がおりれば、ワクチン供給という意味では大きなジャンプアップが見込めます。ある程度筋書き通りの展開とは思いますが、今後の動向を見守りたいと思います。

J&Jのワクチンについては、先日6万人ほどの被験者を対象とした臨床試験の結果がプレスリリースで一部公開されました。このJ&Jのワクチンの大きな特徴は、一回接種での有効性を示した点、「有効性」として中等症以上の発症、すなわち重症化を抑えるかに焦点をあてた点が挙げられます。

この先、米国FDAにより改めて詳細な解析、検討が行われることになります。
これまで世界のいずれの国で承認されたワクチンは7剤(米ー独、米、英、露、印、中2社)あり、米J&J製のワクチンが承認されれば8剤めになります。

現時点では全世界の人々の需要がある医薬品です。今後、製品ごとに特長も明らかになってきますので、当面は製品のバリエーションが必要です。そのような中で、非常に有益な知らせです。
J&Jのワクチンはアデノウイルスベクターを用いており1回の接種で済むことが特徴、英語ですが下記のNYタイムズの記事にわかりやすい解説があります。
https://www.nytimes.com/interactive/2020/health/johnson-johnson-covid-19-vaccine.html
J&Jは傘下のヤンセン・バイオテックが新型コロナウイルス感染症ワクチンの緊急使用許可(EUA)を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表しています