新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カメラで体表の微細な血管の拍動から心拍数を計測する技術は以前から報告されています(正確には脈拍数です)。

カメラの前に正面でしばらく座っていなければいけないなど、あまり実用的でない印象もありました。

呼吸数も心拍数もvital signと言って医療業界では必須なパラメータであるものの、日々の健康管理にどの程度寄与するかは少し難しそうですね。

脈拍数や心拍数がわかるのと、単一誘導とはいえ心電図が見られるのは不整脈診断においては非常に大きな差はあります。

まだ「現時点では」Appleが優位な印象ですが、一気にひっくり返ったりするのかもしれませんね。
スマートフォンのカメラを使用して、心拍数を測定する機能は他のスマートフォン企業では相当前からリリースされており、これ自体は目新しい話題とは思いませんが、AIの活用で精度が上がるということでしょうか。いずれにせよ、プレス発表の内容からは、あまり大きなメリットは感じられません。

この領域では、常時心電図を測定できる機能に利用価値が高いと思われるので、その領域への開発重視を考えていることは読み取れます。

ライバルのApple、その「ウォッチ」には、心電図計測機能が付加されており、たまにしか検出されない「心房細動」の検出に効果的だと言われています。心房細動は、心臓内の血栓形成に影響していると言われており、この状態を早期に見つけ、専門医で受診し、その診断をもって適切な治療薬の投与や外科的処置を受けることで、(心臓内の血栓が血管を通って脳血管に飛び、詰まらせて起こる)脳梗塞の発症率を減らせることが確認されています。

心電図測定には電極が必要なので、スマートフォンでの実装は難しそうですが、人にもよりますがメリットが大きい(これだけでAppleウォッチを買う人が出てくる)ため、今後Googleも重点領域におくと思われます。
国内外ですでに類似のアプリは存在します。
心拍数だけでなくて、R-R間隔 (脈間の時間)のゆらぎを計測することで交感神経/副交感神経の活性度も推定できます(ここらへん、医学的表現が間違っていたらご指摘ください)。そうすると、緊張や集中も計測できるとされています。


ストレスと自律神経の科学
http://hclab.sakura.ne.jp/stress_novice_hartrate.html
完全に読みどおり、うれしい展開です。Pixel4ユーザーとしても朗報です。

医療分野でのAppleの牙城を崩そうとするGoogleの野望は、fitbitの買収からもわかります。

Mac+iPhone+Apple WatchのApple陣営と、Android端末+fitbitのGoogle陣営の闘いの火蓋が切られたわけです。

世界の端末台数や、所得層別の人口をみてみると、Appleより、Googleの方が量的には有利だと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ヘルスケア分野はAppleが先行している印象があるので、Googleの追い上げが楽しみです。

予防医学は継続的に計測できるデバイスなしになり得ないので、この分野の発展にとても注目しています。

血管系でわかることは、中高年の方の生活習慣病関連や自律神経を含めた心理的な部分など多岐にわたると思います。
やっとGoogleもヘルスケア部門へ足を踏み入れてきましたね。
ただ、そこまで健康志向が高い方だと、スマートウォッチを購入されているかも知れませんね…。ただ、スマートフォンでもこのような機能が搭載されたのは、大きな進歩。
呼吸はなんとなくわかるけど、心拍まで測定できるのは凄い。
応用して嘘発見アプリとか作れそうw
なんだか懐かしい、、と思ったらこの機能かなり前からあり試した記憶(それくらい以前に)があります。
仮に以前より精度が向上する方法論が見つかったのであれば楽しみです。
リングフィットアドベンチャーと同じような測り方なので、慣れてて使いやすそうです。
pixelだから真っ先こういう機能が試せるのが嬉しい!
fitbitもSuica対応するし、Pixel 5aもそろそろ発表されそうだし、注目
Premiumを無料で体験
登録・ログイン