新着Pick
460Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学歴と面接のスキルは別です。ある意味多くの方に勇気を与える記事ではないでしょうか? 

私自身も社会人に初めてなれた時、かなりの面接落ちこぼれの1人でした。面接に落ち続けると社会に求めらていないのかとネガティブになる気持ち、とてもわかります。

全ては、失敗したことをどう次に繋げていくか、他責にせずに自責、自身の伸びしろに自覚を持つかで可能性は広がりますね。
私もMBAに留学した際に周囲に財務省や経産省などの省庁から派遣でMBAにこられている方が多くいましたが、その優秀さや日本を変革したいという思いの強さ、人間的魅力に感銘を受けました。同時に給与面や働き方などが圧倒的に民間に比べると厳しい環境にあることも合間ってか、MBAをきっかけに省庁を離れる方も多くいましたが、民間とのギャップに当初多少苦しみながらも今はしっかり活躍されている方が多い印象です。
とにかく官僚出身の方は「日本の未来」と言った青臭いことを真剣に議論できる人たち、というところが凄く魅力的なところだなと思います。
失礼ながら、こうした時期があったからこそ本当に大切なもの、自分がしたいことを今一度突き詰めることができたのでは?最初は後悔したかもしれませんが。いいパートナーにも恵まれたことも実感されたのではと思いました。
ウェルスナビの創業者でCEO・柴山和久氏の連載第2回です。
---
一人ひとりに最適な資産運用を提案し、ほったらかしでも自動で運用を続けてくれるロボアドバイザー投資サービス。その国内最大手であるウェルスナビは2020年末にロボアドバイザー投資専業として日本初となる上場を果たし、公開価格を50%以上上回る初値をつける人気となった。

2015年に同社を創業し、経営の舵取りを続ける柴山和久氏は、東大、財務省、マッキンゼーという華やかなキャリアを歩んできた。しかし、人生の価値観を大きく変える挫折や経済的困窮も経験したという。

預かり資産が4000億円に達したウェルスナビは、資産運用ビジネスを通して何を目指そうとするのか。柴山氏の「お金哲学」に迫る。(全7回)

■第1回 金融リテラシーがないと豊かになれない社会は間違いだ
■第2回 死に物狂いでMBAを取得したのに、就職できない
■第3回 兆円単位のお金を扱っても、自分の投資は失敗の連続
■第4回 お金の有無で人生の豊かさは測れない
■第5回 10兆円も10万円も、資産運用の基本は同じ
■第6回 どんなに激務でも休日に仕事をしてはいけない理由
■第7回 金融危機はこの先、何度でもやってくる
皆が創造する学歴だけのタグがいいかに通用しないか、同時にさらに強い想いがあればどんなに大きなチャンスが待っているかを考えさせられる素晴らしいメッセージ。
フランスの場合、全国民に対して無償かつ平等に取得機会が開かれている資格でなければ、その有無によって就職機会が左右されることは原則として認められない。学費も含め、カネを払わなければ取れない資格の有無で人間を選別することは、カネの有無による差別に繋がるからである。
これだけの方に20社近い不採用通知がきた理由が気になりますが、一言で言えば採用側に見る目がなかったのでしょう。日米の多くの企業と面接して気づいたのですが、日本では履歴書で経歴を見て、面接で人柄を見ることが殆どでしたが、米国では仕事のパフォーマンスについて根掘り葉掘りしつこく聞いてくる探偵のような面接官に圧倒されました。面接は能力を計るには短すぎるという自覚の違いを日米で強く感じたことを強烈に覚えています。実際経歴も人柄も良くて仕事ができない人は山ほどいます。
どれだけ順調でも、努力をしても、
どこかに挫折の機会はあるものだとハッとさせられます。
挫折を自分にとってどの様なものにするのか、、
振り返れば冷静に考えられますが、渦中ではなかなか余裕を持って見れないですよね。
柴山さんのお話しは、心に刺さります。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。