新着Pick
690Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取材いただきました。

私たちウェルスナビは、「働く世代に豊かさを」をミッションに掲げ、日本の働く世代の豊かな老後に向けた資産形成をサポートしています。

日本には終身雇用を前提とする社会の仕組みが今でも色濃く残っていますが、社会構造の変化に伴い、「働く世代の資産形成」という、これまでにない新しいサービスが求められています。このため、私たちウェルスナビは、エンジニアやデザイナーがチームの半分を占める「ものづくりする金融機関」として、日々、サービスの開発と改善に取り組んでいます。

創業から6年目を迎え、20万人を超える方々の資産運用をサポートし、預かり資産も4,000億円を超えました。20万人の利用者の9割が20−50代の働く世代です。また、7割を投資経験者が占めていますが、投資初心者の方々にも徐々に広がりつつあります。

投資の知識や経験の有無、資産の多寡に関係なく、誰でも安心して利用できる社会インフラの一翼を担うサービスを目指して、今後も努力して参ります。

採用も幅広い職種で積極的に行っていますので、ご興味のある方はぜひお声がけください。
柴山さんがおっしゃっている「金融リテラシー」って何?ってまず思うのですが、資産運用したかどうかが重要というのは間違いないと思います。私がテキサス大学で働いたのはたった10年ですが、その間毎月給料の5%くらいプラス退職金前払いで学校がほぼ同額を出し、それが年金のアカウントになり、すすめられるまま投資信託に分散投資した結果結構な金額になっています。ニワトリとタマゴかもしれませんが、インフラのベースになる「お金のあたりまえ」が違うんだろうなと思います。
金融リテラシーがあるから資産運用するのではなく、資産運用するプロセスの中でたくさん学び金融リテラシーが少しずつ上がっていく。資産運用してる中で個人的に一番満足してるポイントはそこですね。
401kの話かな。とても重要な話だし、柴山さんのビジョンには100%共感するが、付記したいのは奥様のご両親がアメリカの典型では決してないこと。

超格差社会のアメリカにあって、老後貯蓄の格差も絶望的に広がり、大きな問題になっています。60歳における老後貯蓄の中央値は$170kと、2000万円に満ちません。人口の75%は十分な貯蓄がありません。結果、貧困層は70を過ぎても、場合によっては死ぬまで働き続けなくては生きていけません。Social Securityという皆年金に似た制度がありますが、それだけでは生きていけません。そしてもちろん、人種間で大きな格差があります。

社会を俯瞰的に見れば、国民年金制度がなく自己責任で放置のアメリカの方が、はるかに金融リテラシーが人生を左右するように思えます。ここで言う金融リテラシーとは、難しいことでは全くなく、単にちゃんと節約して貯蓄(←アメリカでは投資も貯蓄に含む)するかどうかの一点です。

まずもって職場から401kが提供され職場側も積み立ててくれるような安定職につける人は非常に幸運な勝ち組。さらに$10M貯まるほど節約し401kなりIRAなりに貯蓄(投資)するような真面目な人はアメリカではごく稀です。

柴山さんが書かれている投資の効用は仰る通り。タイトルに掲げられたビジョンにも1000%賛同します。ですが「最大多数の最大幸福」という観点から見ると、ズタボロであるとはいえ日本の国民皆年金制度はなお素晴らしい制度であると思います。

—-
ちなみに僕が身につけた最大の「金融リテラシー」はパッシブ投資です。うちの401kのデフォルトはfeeを1%もとられるETAでしたが、たとえば$200kの積み立てがあれば年20万円もどこぞやの顔も知らぬファンドマネージャーに上納するわりに投資成績はsp500と変わらないかそれ以下。インデックスファンドのオプションがあったので、いまは100%そっちに切り替えてます。feeは0.02%で、月一で自分で株と債券の割合が一定になるようにrebalanceしてます。
「金融リテラシー」とはなにか?タイトルで誤解しちゃいそうですが、この記事で言っているリテラシーとは「株式投資をしようと思う心」のことですね。

知識の量ではなく投資したかどうかで差がついた、というのが記事内容。それではなぜ日本では株式投資をしようと思う人口が少ないのか?

定年世代が制度上守られてきたこともありつつ、一番はなんといっても単に日本株があがっていないからでしょう。

日本にだってその昔、上場後まもないトヨタやソニー株を買ったら莫大な値上がり益が得られた時代がありました。アメリカはその後も経済成長が続き、最近の20年でも市場全体が10倍以上に上がっています。

10年スパンの相場上昇が続けば一般家庭も株式投資に興味を持ち、需要があればビジネスも立ち上がる。「投資しようと思う心」は、その国の株価上昇で生まれます。

低成長国の住民は、個別株を選定する目を養うか、成長国に投資するしかありません。特に目端の効く人でなくても株式リターンを得られる環境整備は、格差抑制のためにも非常に重要だと思います。


ひとつ記事で気になったのは、「米国人は20年超の分散運用で富裕層の仲間入り、日本でも同様のインフラを」としている点。

20年で10倍=年率12%ですが、今後の分散投資で見込まれる年率2-3%は20年で6割増にしかなりません。タイアップ記事ではなくエディトリアルのようですし、1.6倍と10倍とでは次元が違いすぎ、これをそのまま文字化するのはさすがに編集部の見識不足なのでは。

期待しすぎかもしれませんが、良質な記事が出るのがNP独自コンテンツだと思っており、クオリティアップに期待です。
ロボアドを使ってみたくて、シンガポール時代にDBSがハイブリッドロボアド(AIとエキスパートの良いとこどり)を謳うdigiPortfolioのアジア版と全世界版に少しずつ入れてみたけど、正直今のところパフォーマンスは全然振るわない。自分で勝手にETF分散投資した方が勝っているので、0.8%程度の手数料の価値はまだ感じない。

ただ、資産運用のROIのIには自分の投下時間やマインドシェアも含まれると思っているので、手離れがよくポートフォリオ管理をやってくれるのであれば、パフォーマンスが市場平均程度だったとしても、長期的にはやっぱり必要なサービスだと思う。

個人的には、同時期にマッキンゼーにいたけど担当業界が違って関わることもあまりなかった柴山さんが、こんなことを考えている人だったというのを事後的に知ったので、もっと担当業界を超えて色んな人と色んな話をしておけば良かったなと回想&反省。
ウェルスナビの創業者でCEO・柴山和久氏の連載を本日からスタートします。
---
一人ひとりに最適な資産運用を提案し、ほったらかしでも自動で運用を続けてくれるロボアドバイザー投資サービス。その国内最大手であるウェルスナビは2020年末にロボアドバイザー投資専業として日本初となる上場を果たし、公開価格を50%以上上回る初値をつける人気となった。

2015年に同社を創業し、経営の舵取りを続ける柴山和久氏は、東大、財務省、マッキンゼーという華やかなキャリアを歩んできた。しかし、人生の価値観を大きく変える挫折や経済的困窮も経験したという。

預かり資産が4000億円に達したウェルスナビは、資産運用ビジネスを通して何を目指そうとするのか。柴山氏の「お金哲学」に迫る。(全7回)

■第1回 金融リテラシーがないと豊かになれない社会は間違いだ
■第2回 死に物狂いでMBAを取得したのに、就職できない
■第3回 兆円単位のお金を扱っても、自分の投資は失敗の連続
■第4回 お金の有無で人生の豊かさは測れない
■第5回 10兆円も10万円も、資産運用の基本は同じ
■第6回 どんなに激務でも休日に仕事をしてはいけない理由
■第7回 金融危機はこの先、何度でもやってくる
NewsPicksの交流会で柴山さんにお会いしてちょっとだけお話しした瞬間、お金(資産運用)を託すなら柴山さんのウェルスナビにしよう!と思いました♪

自分で投資先やポートフォリオの組み方を考え抜いて投資できる人はそれでいいですが、そんなことしていたら気が散って仕事が手に付かないという人や長期分散投資の複利効果に乗っかるというスタンスで十分じゃないでしょうか。

じゃ、どこの資産運用会社に託すか?となるわけですが、それもやはり「信頼できるか」がすべてですよね。柴山さんの表情などからお人柄がひしひと伝わってきて素晴らしいなあと当時から思っていました。

というわけで、まずは試しにとちょっとだけ始めたロボアドバイザーのウェルスナビですが、もう少しドーンと振り向けようと思っています。
金融リテラシーがあれば「WealthNavi」は選びません。(ゴメンナサイ)

【資産運用のポイント】
1.所得控除と非課税がある確定拠出年金を最初に利用する。
2.1の枠を使い切ったらNISAやつみたてNISAを使う。
3.低コストのグローバル株式インデックスファンドを買う。
  (ネット証券で、販売手数料無料、信託報酬0.2%前後のもの)
4.金利が消滅している債券ファンドは選択しない。
5.3を長期・積立・分散投資する。
以上

口座開設等、最初は少し面倒ですが、あとはほったらかしで構いません。
ロボアドやファンドラップ口座を利用すると、預かり残高に対して1%程度のコストが毎年掛かってきます。
3月に行われたDigital Shift Summitで、一緒に登壇させていただいた柴山さんのシゴテツ、非常に楽しみです!来年度から施行される高校の新学習指導要領では、家庭科の学習内容に「資産形成」が新たに加わりますから、「誰もが安心して利用できる資産運用のインフラ」への関心は着実に高まるでしょうし、ウェルスナビにとって追い風ですね!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。