新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おはようございます
連載『シゴテツ』本日が7日目の最終日です
最後はこれからの話も少しした気がします
引き続き自分のできる範囲で、学んだことを
周りに還元していけたら私は幸せです!

お読み頂いた皆様、執筆いただいた宮本さん
カメラマン竹井さん
改めてありがとうございました🙇‍♂️
歌は下手すぎて諦めたとありますが、確かに苦手な分野をどれだけ頑張っても、達成できる量はかなり限られており、心も折れます。

それよりも、自分の得意分野を伸ばす方が、はるかに楽しく達成感もあります。そして、仕事での得意分野は色々トライして初めて気づくことが多い。キャリアを積みながら、「自分の得意分野」を見つけて、とことん追求していくことが「自分ブランド」の確立の近道ですね。
「苦しんだ分だけ、誰かを救える技術に転換できる」
私もそう思って日々生活してます。苦しんだ分だけ人に優しくできる。
みんなから反対されるような恋愛をしてたときに、不倫経験のある友人だけが励ましてくれて、彼女を見てると人生無駄なことなんて一つもないし、こんな人間になれるならなんでも経験だ!と思えたことを思い出しました。(不倫は傷つけてしまう人がいるし、肯定してるわけではないですが…)
この連載を読んで感じたのは、北野さんは(べたな言い方ですが)「体当たり型」だなと。学校の先生に言われたくはないと思いますが、あたらめて評論家の限界と、私個人が提供できる価値とは何かについて考えさせられました。
北野唯我氏の連載第7回(最終回)です。
---
HR分野で急成長するワンキャリアの取締役であり、文筆家としても精力的に活動する北野唯我氏。

そのキャリアに一貫しているのは「戦略家」であることだ。博報堂から、ボストン コンサルティング グループを経て、スタートアップの経営に参画。北野氏はどんな戦略で自身のキャリアを歩んでいるのか。

そして、「働く人の応援ソング」として執筆し続ける、その使命感とは何なのか。(全7回)

■第1回 今日死んでも悔いはない、そう思えるように生きる
■第2回 他者の評価はどうでもいい。自分が信じる道を進め
■第3回 徹底した戦略が「勝ち」を呼ぶ
■第4回 「資本主義の世界で勝ち抜く」という誓い
■第5回 組織の「ど真ん中の席」に座らないと成長できない
■第6回 リーダーは、自分が信じる価値を貫け
■第7回 苦しんだ分だけ、誰かを救える
これこそが使命であり、自分自身を内省化して自分らしい生き方をされているこれからの生き方ですね。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。