新着Pick
1126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今私が考えていること『経営者と従業員の透明で赤裸々で誠実な、血の通った対話』なんですが、そのヒントが一話からムンムンする。なんだかんだウルトラCはなく、経営者の人としての生き様、思いをそのままに伝えることなんだろう。
だから誠実なメッセージを伝えたいなら頑張りどころはメッセージの推敲でなく、誠実に生きること。小手先のわざ見抜かれ『薄っぺらい』という後々を残す。
すごーくストンときた。7話までが楽しみ&いつかお会いしたい。
少し昔、大手証券会社の支店長研修をさせていただいたときに「支店長の最も重要な仕事は?」という質問に対し、売上でも人材育成でもなく「地域コミュニティとの信頼関係づくり」という答えが上がってきてはっとしたのを今でも覚えています。仙厳園や町田の例は店長さんが自分は会社を代表しているとの誇りと使命をもっていることの表れ。グリーンエプロンカードもそうですが、改めて、いい会社ですね。
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載を本日からスタートします。
---
1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。

水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。

外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回)

■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス
■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する
■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある
■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ
■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング
■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」
■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
「マネージメントスキルではなく、人としてのたたずまいを問われている」ということばがうそではないことは、表情からも伝わってきます。
こういうトップの下で働きたい、と思わせる方ですね。

クチネリの「人間主義駅経営」にも通じますが、こういう唯一無二の存在感で光るブランドは、そこで働く人の尊厳が大切にされ、彼らが自由に創造性を発揮することで経営者も予測がつかなかった成果を生んだりしています。

次回以降も楽しみです。
ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEO、という経歴以上に、ご実家が靴製造卸というところに注目。
続きが楽しみです。

「私がスターバックスに入って一番学んでいることは、マネジメントスキルではなく、どちらかというと人間としてのたたずまい。それをみんなに問われている感じがします」
「私がスターバックスに入って一番学んでいることは、マネジメントスキルではなく、どちらかというと人間としてのたたずまい。それをみんなに問われている感じがします。」
こういうことだと思います。リーダーとしていちばんレバレッジが効くのは、リーダーとしての「あり方」である。技術はごまかせても「あり方」とは向き合い続けなければならない。そのために自分と向き合うコーチングが役立つことは多いです。
面白かったです。①大きな会社かつ、②ブランドビジネスでかつ、③オペレーションでビジネスを経営する際にとても大切な原則が書かれていると感じました。
人と人の接点を持つサービス型のビジネスでは、最後は人間教育になるのだな、と最近ひしひしと感じています。楽しい記事でした!ありがとうございます。
スターバックスに溢れるひとつひとつのエピソードって、どれも本当に素晴らしいですし、ほっこりするんですが、こんなにポンポン出てくるくらいになるには、いったいどれだけの準備があるのだろうと敬服します。

スタバのお店の前を通るだけで、わざわざパートナー(店員さん)がお店の外まで出てきて「慎一さ~ん!」って後ろから声をかけて挨拶してくれるなんて、日本のスタバだけだと思います。

スタバのみなさん、大好き♪
面白く拝読しました。各地の店舗にある程度自由な裁量権を与えているところがとても素敵ですね。たしかに、その地域のコミュニティを一番理解しているのはその土地の人。ただそうやって各店舗がオリジナリティを出せるって、チェーンで意外とそう多くないのでは?と思います。残りの連載も楽しみです。
「マネージメントは人間力」と、つくづく思います。素晴らしい仕事で、お金をもらえて、「人生の妙である人との出会い」を、深く学ばせて貰える。改めて考えてみても、最高ですね!Life is beautiful!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
14.6 兆円

業績