新着Pick
502Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Tiktokは中国スパイ、Parlerは右翼の巣、Clubhouseは排他的。新しいメディアの許容量なさすぎ。

モニタリングする技術開発も時間がかかるし少しは大目に見ても良いのでは。増してやClubhouseはアンドロイドアプリすらない赤ちゃん企業。嫌なら使わなければ良いだけ。
人気 Picker
そもそもの招待制、iPhoneユーザーのみ(現状)、音声のみというところからも排他性、閉鎖性があり、急速に流行る中で公的なメディアが使うとき等には注意が必要かなと感じていました。ちょうどそれについてコラムを書いて近々出す予定でしたが海外で先行して起こっている問題の事例や議論されている内容についてこの記事で知ることができて良かったです。自治に任せていいのか。今後どうするのでしょう。爆発的に流行りつつあるゆえの課題ですね。

>発言者たちがクローズドな空間を作り、独自の思想や考えを声高々に発表する最適なプラットフォームとなってしまう。アーカイブも残らないうえ、利用規約で録音やメモが禁止されているため、後から調べられても何も証拠が残らないため、誤情報を助長するような環境を生み出してしまう
メディアと言うものは、
「遊び場」ではなく「公共の場」という事を
忘れてはいけないですよね。。

確かにユーザー自治だけでいくと、
いずれ犯罪行為やヘイト行為は出てくるでしょうね。

コントロールするとどんどん「遊び場」としての
鮮度は下がっていくので次のメディアが出てくる。
なんかイタチごっこですねw
情報が残らないから何でも言って良いというわけではなく、人々の記憶には残るし、リスナーで不快感を持つ人がいてリークする人はリークするだろうと思うので発言には注意したほうが良いと思いますね。
日本でも盛り上がり始めたClubhouseだが、音声だけ、記録なしだとエコーチェンバーが出来る可能性は高いだろうな…。ツイッターがQAnon信者をブロックしていったように、自治には限界があり、運営が介入することになるのだろう。
これだけ伸びてるのも、クローズドな空間だからというところもあり、紙一重。
取り残されている感覚やついていきたい感覚を作り出したり
メモが禁止で自由な発言ができたりする。

プラットフォーム側も慎重に規制を作る必要がある。
先週登録しましたが、世界がより一つになっていくというよりは、分断が強まりそうなアプリだなというのが最初の感覚です。
モラルというものがより重要となってくるんだと思います。
これ、とっても重要な問題提起で、音声SNSが今後抱えていく大きな課題の一つがコンテンツモデレーション。やっぱりUGC(User Generated Content)を提供する事業者は、モデレーションの問題に必ず直面する。
今後の可能性として、運営側はAudit用にサーバに配信された音声データを保管し、ユーザ通報を端緒として違法性があるかどうかを確認し、場合によってはSpeakerに対してSanctionを与える。通信の秘密の論点はここでは大きなものではない(そもそも最初から公開コンテンツ)。
"Clubhouseにはコメントやいいねボタンはなく、会話内容に声以外で反応する術がない。これでは、発言者たちがクローズドな空間を作り、独自の思想や考えを声高々に発表する最適なプラットフォームとなってしまう。アーカイブも残らないうえ、利用規約で録音やメモが禁止されているため、後から調べられても何も証拠が残らないため、誤情報を助長するような環境を生み出してしまう。"

まだリリース間もないスタートアップなので、色々リスクや対処法を考える時間もなかったのでしょうね。この先、この統制がめちゃくちゃ難しいメディアをどのように管理していくか、見ものだと感じます。
今でこそ、アーリーアダプターの巣窟となっているけど、キャズム越えたら色んな人が来る。mixiや2chの全盛期のように、問題あるところも出てくるだろう。

あとに残らないのも良し悪しなのだが、スクリーンの先では何が撮られているのかわからないリスクあるしね。
ドイツの動きにも注目。

Clubhouse app faces court action in Germany over serious failings under data protection and consumer law
https://www.jdsupra.com/legalnews/clubhouse-app-faces-court-action-in-6123803/