新着Pick

名目金利、必要なら「下げていく政策操作も」=若田部日銀副総裁

Reuters
[東京 3日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は3日午後の記者会見で、現在進めている金融緩和策の点検について、政策の持続性、有効性に加えて機動性がキーワードになると述べた。急激な経済の変動や次の危機への備えは常に考えるべきであり、そうした事態が起きた時に有効な手段があり得るのか点検するという。また、2%の物価安定目標達成を目指すというコミットメントがある中で、名目金利に関して、状況次第では「それを下げていくという政策操作が必要になってくる」と述べた。
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本に限らず先進国の長期的な低インフレにおいては、先日の会見でパウエル議長が整理したような、イノベーションやグローバリゼーションといった構造要因だけでなく、周期的に生ずる金融危機と資産価格の不安定化が大きな影響を与えているように見えます。その点で、記事が引用した若田部副総裁の見解は幅広く支持されると思います。

従って、もしも中央銀行に求められる政策対応を最小限に限定するとすれば、構造要因と正面から対決することよりも、金融危機の頻度をできるだけ抑制することにあるようにも思います。
「若田部副総裁は「現代の金融政策の基礎に当たるのは名目金利ではなく実質金利を動かすこと。日銀の現在の政策の枠組みの基礎でもある」と述べた。先行き実質金利が非常に急騰することが起きないように政策運営するべきで、YCCあるいは予想インフレ率にどう働き掛けるかが重要だと語った」

YCCと予想インフレに働きかけるという二つは別物で、リフレ派の主張は後者。どう働きかけるも何も、リフレ派は物価目標と量的緩和でできると言ってできなかった。

「この枠組みを前提とすれば、2%の物価安定目標の達成を目指すというコミットメントが重要だとし、そのコミットメントがある中で、名目金利に関しては、状況次第では「それを下げていくという政策操作が必要になってくる」と述べた」

達成できなければコミットメントなど意味はない。リフレ派の政策は破綻しているが、リフレ派の委員だけは増えているのは、彼らが政権擁護的だからなのか?それでは新しい金融政策の転換は期待できないだろう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン