新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タワーマンションが新規にいくつも立つようなところは教員や部屋のやりくりが大変でしょうね。ただ東京でも都心部ではそもそも1学年2クラス以下という学校もけっこうあり、影響を受けないところもあります。安倍政権後半の2015年以降、出生率は下がり続けており、「放っておいても小学生が減っていく」という判断も、背景にあったのではないかと思われます。
少人数学級政策は、教員の質確保とセットです。小学校の教員採用倍率は地域によっては1倍台になっており、質の高い人材確保の難易度は高くなっています。

採用・研修の強化は当然として、外部人材の活用、EdTech活用による働き方改革や学習の質担保、そもそもの教員養成課程の改革などもセットで行っていく必要があります。

その点で、次の政策論点は、教員研修・教員免許制度・採用や教員養成課程の改正・外部人材やEdTechなどに活用できる教育予算の柔軟な活用などに移っていかねばなりません。

要は、35人以下の学級になるだけで、問題が解決するわけではないということです。継続的な問題解決を文科省には期待しています。
学級の人数を決めるのも大事ですが、デジタル活用と教員のリテラシー向上を進める方が教育効果は高そうです。
少人数学級は魅力的ですね。ようやく実現したのかと、嬉しい限りです。その一方で教員集めが大変そうです。近年教員のブラック労働が見える化されて、氷河期世代の就活時期とは違い、人気がなくなっていると聞きます。集まってくる人材が小児性愛者ばかりということは避けたいし、悩ましいですね。
35人以下で少人数学級だという認識から改善する必要がありそうです。これは小学生の例ですが、生徒に対する支援が必要だという意味では高等学校よりも多忙だということをふまえて…

現場レベルでは、35人学級は非常に多いです。きめ細やかな対応をするのが難しいと感じます。生徒のささいな変化に気づくことなどほとんどできないでしょう。これ決めてる人たちは部下のささいな変化に気づいているのでしょうか?体調が悪くなったり、友人関係で悩んでいたり、いじめられていたり…
それらを把握できないのは当たり前なのに、問題が起こると責任を問われる。学力が上がらなければ親からクレームが入り、授業させたら生徒が全員寝るような管理職に、授業を改善しろと言われ。
正直、これを少人数学級にしたんだからきめ細やかな指導ができて当然だと思うのなら、頭がおかしいと言いたいです。教員の確保ができない昨今、せっかく教職に就いた人間が、内容面も経済面もやりがいを感じ、良好な精神状態で職務に臨む環境を作る施策はあるのでしょうか。
何かと多様性な社会。先生の負担が減ることも願います。