新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国連安保理でミャンマー情勢を討議する。この会合が中国が公開での討議に反対して非公開で行うことになった。ミャンマー軍は中国との良好な関係を保ってきている。バイデン大統領が「民主化移行と法の支配への直接攻撃だ。米政府は民主化進展に伴い対ミャンマー制裁を解除してきたが、制裁に関する見直しを直ちに行う」と述べた。ただ制裁を復活させるとミャンマーは一層、中国に傾斜してゆく。これらからミャンマー問題の背景には国際政治の冷酷な現実があることがわかる。バイデン制限は、民主主義と人権問題重視の政策と対中国政策の2つを同時に追求することの難しさに直面している。
ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問ら政権幹部が国軍に拘束されたことを受け国連安全保障理事会は日本時間3日午前0時に非公開会合をオンラインで開かれることになったそうです