新着Pick

「出前館」が進める“雇用シェア”の実情ある明太子メーカーでは社員をデリバリー担当に

Business Insider Japan
新型コロナによる業績悪化で、余剰人員を抱えている企業の社員を、業種問わずフードデリバリーの配達員として雇う取り組みを「出前館」が2021年1月から始めている。 もともとの会社で社員としての籍を置きながら、出前館から業務委託を受け、出前館から会社に報酬が支払われる仕組み。 出前館ではこれまでも、飲食業...
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウーバーイーツのようなギグワーカーと違い、こういう一時的に転籍をする制度いいですね。弊社もコロナを受け、社員の転職を迫るところを雇用シェアすることで一時的に固定費を減らすことができました。おかげで観光需要の回復まで生き抜く計画をつくれました。当の社員にとっても、別の職場で働くことで新しい知見を得られますので、復帰した際にも元の会社を成長に寄与することもできると思います。
給与は既存企業から支払い。出前館の売上は個人ではなく企業へ。雇用調整助成金も緊急事態宣言が解除された翌月末までとなっています。その後の雇用シェア(在籍型出向制度)は重要度高いですし受け皿も大切です。
良い取り組みだと思います。気になったのは、万が一、交通事故(被害者であれ、加害者であれ)が発生した場合には、どの会社がどう補償するのか(あるいは補償されないのか)、ということです。その辺のルールがどうなっているのかも、ぜひ知りたいところです。
期間限定ということならば、運動不足の解消という福利厚生「社員の健康管理)としても評価できるかもしれません。
ホワイトカラー層の再定義が始まるので、それくらいの気構えが必要でしょう。
雇用を維持する会社としては、例え少額としても自社の赤字と相殺出来るのがメリットではあるのかな。背に腹はかえられぬ、的な。
トップコメントの工藤さんのコメント「一時的に転籍をする制度」とありますが、事実として正しいのでしょうか?記事を読む限り、転籍とは思えませんが。
夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
560 億円

業績