新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何も決まったことはありません。
ただインテグラルは、スカイマークを全力でサポートする方針に変更ありません。スカイマーク、これからもよろしくお願いします。
個別の案件についてはコメントしませんが、一般論として、こうした状況では株式価値が大幅に下がりますから、低い株価での増資となります。そうすると、3グループのうちどこかだけが普通株増資すると持ち株比率が大きく変動してしまい、その後の経営の主導権にも影響します。種類株増資も普通株転換権がついていれば同様の問題があり、更に、株主総会マターなので、他の株主の同意が必要です。

本来なら銀行に、債務超過分をDDSなどで融資を劣後ローンに転換するか、または優先株にDESするよう要請する方が現実的かと思います。あくまでも一般論です。
ANAもJALも公募株を売り出しかけました。私も買いました。(応援の意味で)
スカイマークは上場してないので、それが出来ません。
コロナ禍前は業績好調で、再上場申請を考えていたと思いますが…。

ANAも、支援の余裕がなく、かつ、ここで余裕見せてしまうと休業してる従業員から全ツッコミ入りますし、
国からの支援も受けにくくなりますからね。😭
記事にもANAは応じない方針と明記されていますが、当然そのような事情は承知の上での要請でしょうから、インテグラルのみで資本増強をするのか、はたまた他の株主を入れるのか注目です
ANAは現在、自社の生き残りで精一杯であり、自社のコスト削減の規模感や実現性を担保しなければならない状況です。

グローバルベースでは、従来から、LCCは堅調であり、コロナから回復するのは、まずLCCからと考えられており、足許、LCC株も回復しています。

それを鑑みれば、ANAのLCCであるピーチエア、エアージャパンへの投資がや優先され、少なくともスカイマークはLCCカテゴリではなく、まだスカイフライヤーの方がLCCに近いです。
この手の、「すっぱ抜き」記事は、健全な経営活動のためにはならないと思う。

もっとも、「報道の自由」や「国民の知る権利」を考えると、記事自体を制限したり検閲することは許されない。だから、あくまでも、編集責任として、記事の質や品格を問うべきだろう。

現下のコロナ禍で、どの企業も経営に腐心し、特に資金繰りと雇用維持に頭を悩ませている。その中で、「編集部の取材によれば」としての憶測記事は、下品で、企業経営をギャンブルと同視し、株式投資という制度の劣化を招くだけだ。

「すっぱ抜き」は、読者の射幸心を煽るだけの愚作だ。
ダイヤモンドは、自誌も傷付けている、

企業経営は、資金繰りではなく、会社システムの合理性で評価すべきだ。会社システムの最重要な環は従業員だ。

扇の要である従業員を正しく位置づけるスカイマークは、正しく評価されるべきだと思う。
パイロットに卒業生がいる.生き残れるように,ではなく,活き残れるように頑張れ.
ANAなどに増資を依頼する背景としては下記のような事情があるようです。
「スカイマークは、銀行からの借り入れで当面の資金繰りにめどは付いているものの、このままでは2021年3月期の決算で債務超過に陥る恐れも出てきた。」
インテグラルは前向きに検討しているものの、ANAは応じない方針と書かれています。
その背景は有料記事で。

もうメディア多すぎるので、集約して欲しい。ダイヤモンドでさえ、私も最近購読やめました。
みんな似たような記事をコピーしているだけ。
そして、中身も劣化が続く。
この記事読んでも、誰のためにもならない。
そして、その情報を必要な人は、本件の背景をみんな知っている。単なる衆愚記事かと。

というコメントも一企業としては、発言しにくいのですが、NewsPicksでくらい、好きに発言していたいですね。
もしくは、クラブハウスにうつるか。
ANAの余裕の有無の話ではなさそうです。

>インテグラルは支援要請に応じる公算だが、「ANAHDは応じない方針、政投銀と三井住友銀も追い銭を払うかどうか不透明」(証券業界関係者)という情勢だ。一方、同様に経営不振に陥っている航空会社のスターフライヤー(北九州市)の要請に対しては、ANAHDは大株主として20年12月に追加出資することを決断した。スカイマークとは対照的な態度を取っている。<
スカイマーク株式会社(Skymark Airlines Inc.)は、日本の航空会社。 ウィキペディア

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.30 兆円

業績