新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カート・キャンベル氏はオバマ政権で国務次官補として対中政策に関わってきました。
オバマ政権の対中外交は「関与政策」を基軸にしたものでしたが、キャンベル氏は2018年の論文で、当時の関与政策を「我々の望むような変化を中国にもたらさなかった」と述べており、オバマ政権当時と同じような関与政策をバイデン政権でも目指すのかどうか。人権問題など譲れない点は厳しく主張しつつ、気候変動など協力すべき点は協力する、という両面作戦になりそうな気がします。これを「弱腰」とみるのかどうか、政治的立場によってだいぶ見方が異なるでしょう。
完全にやばい路線ですね。
役職名はFOIPを連想させますが、FとOがないので、Cがはいる余地があると言っているようにも思えます。

これでは、これまで日米が取り組んで来た安全保障政策が全部無駄になってしまう勢い。

英国がFOIPやTPPに関心を寄せていますが、それどころじゃなくなってしまいますね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン