新着Pick
83Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人権意識を持っているかどうかと、いわゆるテロの原因を理解できるかどうかは、全然別の話です。人権意識を持っていても、誰がテロリストか、そうでないかなど、判断できません。
 確かにエジプトは英国よりも1人当たりGDPが大幅に低いですが、アル=カーイダとかイスラーム国に参加する人間には、英国やフランスで生まれ育った人間も多いし、エジプト出身者の中でも、医師とかエンジニアとか、高学歴高所得者の方が多かったです。日本赤軍とかと同じで、ある程度の高学歴でないと国際的な政治運動などやろうという発想にならないし、単に貧困であるなら、暴走族とか、麻薬の売人を地元でやる可能性の方がはるかに高いです。
 大事なのは、よく知らないことについて、思い込みを持たない、ということでしょう。その意味で、問題文を書いた高校生やその親の判断は、模範的ではありません。
 それから、高1の模試とはいえ、日本人の高校生が書いた英文を問題文に使う、というのは、もっとどうにかならないのかとは思います。大学に入るまでに、Financial TimesやWall Street Journalの記事が読めるようになっていることが望ましいですが、英語教育で使う語彙数からいっても、まず無理です。そうはいっても、何も日本人の高校生が書いた英文を使う必要はなく、英国や米国で出ている、小学生新聞や博物館の小学生向け解説のような文章を使った方がいいと思います。

https://kids.nationalgeographic.com/
イギリスに住んでいる頃、イスラム教のイギリス人権活動家(発音からパキスタン系だったと思います)が、「なぜ中東を中心として起きるテロをイスラム過激派と呼ぶのか。北アイルランドでテロが起きても、クリスチャンテロリストとは呼ばないではないか」とBBCニュースで議論していた事を思い出します。人権意識の欠如というより、世界の文化や歴史を教育者でありながら俯瞰していない、勉強不足ということではないでしょうか。
人権の問題というより、イスラム教やテロに関する間違った知識の問題。
貧困がテロを生むなら、なぜ9.11の犯人たちの多くがサウジアラビア出身だったのかということになる。エジプト人として9.11に参加したモハメドアタも、ドイツへの留学を機に原理主義に染まったと言われている。
「貧困がテロをうむ」とか適当なことを言う人、昔から多いんだよなぁ…
高校生の作文を問題文にしてよいのか、という疑問はあるものの(なんらかの意図があるかもしれないので完全否定はしませんが)、
「人権意識が足りず出題は不適切だった。今後、教員の人権意識向上に努める」
と謝罪した佐賀県教育委員会の姿勢は評価したい。
今日び、イスラム教徒はテロリストと公言して憚らない大の大人もおりますのでね…
無知が偏見を生みます。だから、知識を獲得する(事実を知る)ことは重要です。

美辞麗句を並びたてたり、誰かに配慮して目を背けるのではなく、事実は事実として教えるという当たり前の姿から、学校現場はやや遠ざかりつつあるような気がしています。

色々な意味で「タフ」な子供たちを育てる教育であって欲しいです。
佐賀西高校長の渡辺氏は無能感満載ですね。
残念じゃないんですよ。その体制を事前に作ることができない組織に大きな問題があります。 
人権に対して意識が無いのはどちらですか?
毎日の激務に、生徒のことを想っての問題作成。毎日ギリギリの所で仕事をこなしている教員に責任があると?
教員だから人権を守れなんて、正直それこそ人権侵害だと思いますがね。一緒に開発防止に努めてくださいよ。てめえの意識が低いんだよ、と叫びたいです。