新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学生時代にベトナム料理店でアルバイトをしていましたが、確かにベトナムコーヒーのかすが毎日大量に出ており、勿体ないなぁと思っていました。なお、日本では埋立というよりも、焼却やサーマルリサイクル、事業者からの排出であればこれに加えて肥料化や家畜用飼料化が主な処理ルートとなるでしょう。

関連して、日本でもコーヒー豆を衣服に使う取り組みがありましたね。
https://newspicks.com/news/5317261?ref=user_1549708

個人的には、コーヒー粉Kafflourに期待します。
コーヒーかすを小麦粉代わる食材として使うと廃棄されるものが極限まで減らせるでしょうし、コーヒーショップでこれで作ったお菓子を販売したりすれば、循環をアピールできそうです。
「土と内臓」 https://amzn.to/2MiuEH7 を思い出した.
地質学者デイヴィッド・モントゴメリーと,妻の生物学者のアン・ビクレーの夫婦が家を購入して理想の庭造りをしようとした.土壌対策として有機物を土に入れようとし,木くず,落ち,木材チップ葉,そしてコーヒーかすを集めて庭に積み重ねはじめた.徐々に土の色は変わり,最初は見つからなかったミミズ,昆虫,カラス,ハクトウワシが集まって食物連鎖が復活.五年も経つと庭は完全に蘇ったのだった.
日本にもコーヒーかすからお茶を製造するベンチャーがあります。APT womenのプログラムでご一緒させて頂いたサステナビリティ・アジア社は、独自製法でコーヒー果実の皮(カスカラ)からカスカラ茶を作る活動をされています。
https://www.sustainability-asia.net/

価値がないと思われていたものに新たな価値を見出し新たな市場を創造する活動は応援したいです!
私も毎日ハンドドリップするので、勿体ないなと思っても、なかなか使い道がなくて困ってるんですよね。

はっきり言って贅沢なんですよね。

最近は、凍頂烏龍茶を何度も何度も煮出して飲んでます。
今後このような地球リソース循環型のスタートアップは更に増えると思われ、非常に注目分野です。

今後、同分野のスタートアップがビジネス拡大で直面するクリアすべき課題は、マインド変化と低コストでのオペレーションプロセスへの組み込みだと思われます。

素材の再利用は技術的な問題で、記事の通り既にクリア。
一方で、多くのコーヒーかすの排気を出すカフェあるいは家庭に進出する際に必要なのは、プラスチックのように分別回収を迫る部分。これが出来るかが、事業としてスケールするか、同リサイクルが本当に広がるかに大きく影響します。

コーヒーだけを法規制はなかなかならないと思うので、自助努力な側面が強いと思われますが、カフェなどのビジネスアクターにとって、その手間はコストです。チェーンであれば全店のオペレーションマニュアル見直しが発生しますし、リサイクルするカスの保存と回収先へのロジスティックなども考慮しなければなりません。

これは、普通であれば当然企業はネガティヴです。一方で、SGRの機運が高まっており、その活動として積極的に取り組む企業も出現するかもしれません。スタバとかあると思います。

こういうスタートアップの成功が増えることを期待します。
マスクもいいけど

コーヒーの高発熱量を利用したバイオペレット「コーヒーペレット」も開発。bio-beanはこのコーヒーペレットをカフェに売り戻し、コーヒーの焙煎や水を沸騰させるために使用する可能性を模索

ここがしびれました。
コーヒーを淹れるための燃料に、コーヒーが使われる。
まさしく循環する社会!
コーヒーの輪廻転生。
コーヒーかすの石炭混焼を10年以上前に検討していましたが、まだ未解決とは。含水率がやや高いですが、エネルギー価値も相応程度にあると考えます。

やはり自分でやりきらなきゃダメか。コンサル無力。。
コーヒーかすが様々な用途に化けるのは面白いと思います。コーヒーかすならではのものでなければ他の素材でも応用が利きそうですね。
コーヒーに関しては、原産地での加工段階での水の問題などもあるようです。詳しくはまだ理解していませんが。