新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本人ユーザー1号の山田さん。自らも、ビデオ通話領域で偶発的コミュニケーションを支援するプラットフォームRemotehourを開発する起業家でもあります。
アーリーアダプターとしてClubhouseを活用するだけでなく、Clubhouse上で米国著名投資家ジェイソン・カラカニス(Uberの初期投資家)から声をかけられ、出資を受けるという強烈な経験をされています。
昨年から資金調達のオンライン化が進んでいますが、日本でもClubhouseが起業家とVCの新たな出会いの場になっていく可能性を秘めています。
15年くらい前のTwitter創世期が思い出される状況だ。熱い。
記事にもあるように、スピーカーとして「壇上」に上がれることが、知り合いがいる時にはいつ指名されるかわからないのでボチボチ聞いてられないということと、そうでなくてもリアルタイムで、有名人などとあたかも同じ時空間を共有して、生声を聞いているような気持ちにさせられるところが、ポッドキャストなどとの最大の違いだろう。
が、設定によって、完全公開にしないこともできるし、完全密室で音質の良いグループ電話みたいに使うこともできる。

当初から少人数しか集まらないことを前提とした気軽でニッチなおしゃべりから、この記事のように、公開取材や、講演にちかいものを千人以上集めてやっている人もいるし、落合さんなどのように既に、自分の番組のようなものを作ってしまっている人もいる。さまざまな使い方ができる。

アメリカでの始まりが投資家とスタートアップの出会い的なところにあったからか、日本でもスタートアップの方達が多く、その熱量に圧倒される部屋も多いが、きっと日本なりのさまざまな使われ方が「発明」されていくのだろう。

私は、当分の間、知人だけの個室的利用、たまに公開してマーケティング、興味のあるテーマやを人たちの話をラジオのように聞く、の3通りを、疲れない程度に、使い分けていくつもりだが、どのあたりで、どういう形で、マネタイズをしてくるのだろうか。
ムーブメントが広がるスピードアップは、インターネット普及が果たしたものの筆頭。
カルチャーも技術も一気に世界に広がることになりました。
この取材は、Clubhouse内で行われていますね。

1/31(日)21時よりこんなのやることになりました。
「【非公式】NewsPicksでピックするのはなぜ?」
https://www.joinclubhouse.com/event/myjBX1Ga
@usuihayate

初心者歓迎(みんな初心者)、プロピッカー多数登壇(かも)、45分間限定(たぶん)です。
よければどうぞ!
一通り試したがUXは相当良い。

最初は「リアルタイム実名制音声2ちゃん」と思ったが、要は21世紀も20年を経てやってきた「21世紀型AMラジオ」。

学生時代に深夜AMラジオにハマった人も多いと思う。まさにそれが素人から有名人まで様々なトピックで提供されて、自分もあっち側にもなれるし、純粋にROM専(というかLOM専w)でリスナーに徹することも出来る。

このまま有名人が増えれば、せっかく息を吹き返したラジオも存在価値が怪しくなりそうだし、そのうちYouTuberのような人気素人も出てくるでしょう。

マネタイズは課金・広告モデル双方色々考えられる。音声SNSとは言いつつ、最初から極めてメディア的。今後、人間のあらゆるコミュニケーションにまつわる営みはパブリックな見せ物としてメディア化され、価値評価され、貨幣経済に取り込まれる、という流れをわかりやすく体現している。

人類みな露出狂の世界は着々と進行中ということですかね。
個人的には全く使う気はしないものの、色んなユースケースは想像できます。が、ビジネスとして機能するかはかなり懐疑的です。今は投資家がお金を払って、ユーザーに無料サービスを提供しているという状態。

[理由]
一番の長所かつ短所なのは、「予測出来ないランダムな体験」を価値としていることだと思います。多くの暇な時間を使えるユーザーならともかく、clubhouseでの体験はボラティリティ(振れ幅)が大きい。無料で暇つぶしなら分かりますが、お金を払ってサービスを購入するイメージがつかない。例えば、Netflixでも見る作品による振れ幅はありますが、中身や評価はある程度想像したり事前に入手したり出来るし、自分が見たい作品を好きなタイミングで見れる。

同じ様に発信者側としても、基本的にはライブで発信し続けなければならない訳で、youtubeやブログの様に、一度作った作品が繰り返しユーザーを稼いでくれる訳ではない。スケールしない。一度のライブで圧倒的な数の視聴者を稼げる超インフルエンサー位しか稼げない。となると、そのインフルエンサーにとってもClubhouseで(だけで)発信するメリットが良く分からない。

事前にコンテンツやアジェンダが設定されないので、広告も出しにくい。ラジオやPodcastの様に番組中に広告を差し込むオペレーションも難しい。Clubhouseが番組化し始めたら、ラジオやPodcastと何が違うのという話になってしまう。

結局、ランダム性・予測不可能性の高い体験に対して、合理的にお金を払ってもらうことは難しいということかと思います。投げ銭はあると思いますが、そうなると超インフルエンサーが結局勝つだけだろうなという印象です。

[代替案]
ニッチですが、社内コミュニケーション向けのB2B SaaSとかどうでしょうか。人々がこれだけランダムの出会い・コミュニケーションに飢えている中で、Clubhouseはたばこ部屋の代わりにもなるし、他部署の人とのランチ会話にも使えるし、経営陣が従業員と交流するツールになる。個人がお金を払うハードルは高いが、企業が社内ツールとしてサブスクリプションを払う、という仮説です。もうそういうプロダクトは既にありそうですが。このめちゃ金のかかる壮大な社会実験が示してくれた仮説を基に、類似製品が出てくると予想します。
政治、宣伝、宗教、趣味、世間話。数え切れないチャンネルのダベり。くるりと回った限りでは、ネットが登場する前のイタリアの海賊ラジオを思い出しました。あれが海賊じゃなくできるようになったんだな。めでたし。
一部では、既にClubhouseには「蟹家」とか「蟹部屋」とかの別称がつき始めてますね🤣
こういうのも土着的に定着するうえでは大切かなと
日本だけで流行ってんじゃないの?